司会の大泉洋(ヘアメーク:西岡達也(Leinwand)/スタイリスト 九(Yolken))

 Amazon Prime Videoオリジナル番組『ザ・マスクド・シンガー』が、9月3日から独占配信中。この番組は、全世界50カ国が熱狂している音楽ライブエンターテインメントの日本オリジナル作品。マスクをかぶった各界の豪華スター12人がパフォーマンスバトルを繰り広げ、その正体を推理する番組だ。司会を務めるのは、「紅白歌合戦」に続いての司会となる大泉洋。大泉に、番組の見どころや司会業、音楽などについて聞いた。

-昨年の「紅白歌合戦」の司会の後で、今回のオファーがあったそうですが、司会者として番組に臨む際に、心掛けていることはありますか。

 「紅白」のときにも思いましたが、僕がやるからには、きれいな司会が求められているわけではないので、ある程度ガチャガチャとした危うさも含めて楽しんでもらう中で、まずは見る人に笑ってもらいたいなと思っています。後は、誰一人として嫌な気持ちにならないようにしたいなと。見てくれる方もそうだし、もちろん出てくれた方が、嫌な気持ちにならないで、皆がハッピーな気分で終われるようにしたいというのを、どんな番組でも心掛けています。とはいえ、失礼なことも言わざるを得ないときもある。僕はそういう笑いの取り方しかできないので…(笑)。そこが難しいところではあります。相手が嫌にならない悪態というか、かわいい悪態をつきながら、皆で楽しい番組ができたらいいなという願いをいつも持っています。

-自分のところに司会の話がくるのは、自分らしさが求められているから、ということを常に意識しているということですか。

 そうですね。きっちり司会をさせたかったら、わざわざ僕に頼む必要はないわけですから(笑)。もっと如才ない人はいくらでもいるわけです。ただ、今回の『ザ・マスクド・シンガー』は、アメリカ版を見ても、芝居じみているというか、司会者がどこか役者っぽいわけです。例えば、アカデミー賞の司会も俳優がやることが多いし、そういうところが僕に求められているのかなとは思いました。

-今回のように、一人で司会をするということに不安はありましたか。

 最初はありました。「一人か…」みたいな。これまでは、隣できちんと進行をしてくれるプロの方がいて、横でやいやい言っていればよかったので、気は楽だったのですが…。ですから、今回は「一人で全部やるのか」「ちょっとカロリー高いわ」と思って一度は断ったんです。僕自身は特に「司会者になりたい」と思っているわけではないので。それがなぜか続いてしまったんです。どんどんと司会者としての色が濃くなるので、それもどうなのかなと思いました。ただ、Amazon Prime Videoという、地上波とはまた違う土俵でやるのは面白いのかなとは思いました。引き受けた理由の一つはAmazon Prime Videoだったからかもしれません。ただ、一人で司会をすることは、僕にとってはハードルが高かったです。

-顔を隠してパフォーマンスをする人の正体を推理する音楽番組というのは新しい試みだと思いますが、最初にこの企画を聞いたときは、どう思いましたか。

 最初に話を聞いたときは、「とはいえ、分かるんじゃないの。マスクをして歌うといっても、超有名人でしょ」という感じでした。でも、本当に分からなかったです(笑)。思いのほか分からないんだな、というのがやってみての感想です。

-実際にパフォーマンスを見た感想は?

 すごいなと思いました。皆さんが優勝するつもりで参加しているから、優勝するまでの曲を何曲も、すごく練習してきているんです。それに、ダンスがあったり、お芝居をするパートもあったりして、とても気合を入れて挑んでらっしゃる。だから、どのパフォーマンスも面白かったし、皆さん歌がうまいから、本当にすごかったです。そして、正体が分かったときの、「こんな人が出てくれていたんだ」という驚きもありました。中にはすぐに正体が分かる人もいましたが、逆の意味で、「こんなに分かっちゃうってやっぱりすごいな。さすがだな」と(笑)。ただ、中に入っているのが、先輩なのか後輩なのかも分からないので、どこまで失礼なことを言ってもいいものかとドキドキしました。「ばかやろう」とか言って、正体が分かってから後悔したこともありました(笑)。

-司会を通して、音楽に対する意識に変化はありましたか。

 改めて、音楽の力は強いと感じました。短い時間でものすごいエネルギーを与えてくれます。昨今はコロナも含めて災害も多いですが、そういうときに、一番早く、人々に力や明るい希望を持たせてくれるのは、やっぱり歌なんだなあと思います。人に語られると、説教くさかったり、素直に聞けないこともありますが、不思議なことに、歌にして届けられると、聴けちゃうところがありますよね。生まれ変わったらアーティストがいいなと思います。生まれ変わったら、おやじとおふくろに「落語のテープを聴かせるのはやめてくれ。音楽を聴かせてくれ」と言います(笑)。

-マルチな才能を発揮する秘訣(ひけつ)は?

 結局、僕はどこへ行っても文句を言っているだけなんですが…(笑)。何かよく分からないけれども、人々は僕の文句やぼやきを求めているのかなと。仕事から疲れて帰ってきて、自分よりも不遇なやつを見たいんじゃないかな(笑)。自分が普段言えないような文句をやたらとテレビで言うやつがいる。「またこいつ文句言ってるよ」と。それで少しはすっきりするのかなと。今回もマスクドシンガーに文句ばかり言っていますから。自分でも「どうして人を笑わさなければ気が済まないんだ?」と思います。

-視聴者に向けて、番組のアピールポイントや見どころなどをお願いします。

 マスクドシンガーの人たちのパフォーマンスが圧倒的にすごくて、うまい歌ってすごい力があるんだなあと思いました。普通の歌番組では、アーティストが新曲を歌うので、当然知らない歌もあるわけですが、今回は名曲や大ヒット曲しか歌わないから、聴いていて楽しいし、皆が知っている歌を、一流の有名人が歌っているので、そこも見どころだと思います。単純に、「これ、誰が歌っているの?」と考えながら見るのも楽しいですよ。そこに、僕とパネリストの皆さんとの面白いトークも入るので、本当によくできた番組だと思います。日本の皆さんがあまり見たことがないような、海外の番組のフォーマットを、がちがちの日本人がやっているわけですが、そのコラボレーションも楽しいと思います。

(取材・文/田中雄二)

https://youtu.be/F37uekhV7AE

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます