フォトギャラリー【写真】先輩ママが妊娠線予防のために使ってよかったもの
  • ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ
  • ダイアンビートゥルー リッチモイスチャー ボディミルク
  • セタフィル モイスチャライジングクリーム
  • 無印良品 ピュアオイル

初めての妊娠・出産をする人にとって心配なのが「妊娠線」。

また、前回妊娠線ができなかったからといって、次も絶対にできないとは限らないものでもあります。

そこで今回は、先輩ママにインタビュー。妊娠線ができることなく2児の妊娠・出産を経験した美容家の木土さやさんに、妊娠線予防のためにしてよかったことを聞いてみました。

下着は妊娠初期からチェンジ

木土さん(以下、木土)「私の場合、下着を妊娠初期からマタニティ用に一気にチェンジして、お腹周りの皮膚の変化にしっかり対応できるようにしておいたことが、妊娠線予防に役立ったことだと思います。

妊娠初期の悪阻がある頃は、シームレスショーツを使用していましたが、悪阻が落ち着いたタイミングで、お腹をすっぽり包み込んでカバーしてくれる、マタニティ用ショーツにしました。

また、急激な体重の増加も妊娠線の大きな要因となるため、妊娠中期~後期は、ウォーキングやマタニティスイミングを積極的に行いました。

元々運動が凄く好きというわけでもなければ、習慣にしているわけでもありませんでしたが、体重の増加がとにかく緩やかになるようにと、無理はしない程度に体を動かすようにしていました」

お腹の保湿は段階的に

木土「妊娠中は、お顔はもちろん髪のトラブルもありましたが、それ以上に妊娠線予防のために、お腹の保湿に意識を向けていたことが、妊娠線を作らないために良かったことだと思います。

具体的には、急激にお腹が膨らむことによるひび割れ状態をリアルにイメージしていたので、そうならないようにあらゆる保湿を段階的に行っていました。

ひとつは洗浄です。

お腹が大きくなるにつれて皮膚が伸びていくからか、お腹が痒くなります。痒いと洗うときもゴシゴシ洗いたくなるんですけど、それによって妊娠線を誘発しかねないので、手のひら+泡ソープで優しくなでる作戦を実行!

泡ソープは、洗浄力が強いものより保湿力の強いものを選びました。

ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ

『ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ』は角質層の水分をサンドイッチ状にはさみこんでキープしてくれる最強の保湿成分・セラミドに加えて、新セラミドの“ジヒドロキシリグノセロイルフィトスフィンゴシン(うるおい成分)”が世界で初めて化粧品に配合された、次世代のボディウォッシュ。

濃密なもっちり泡でできたボディタオルのようなイメージで、もこもこ泡がボディをやさしく包み込んでくれます。

私の場合、お腹が大きくなるのがちょうど乾燥が特に気になる秋冬だったので、お風呂上がりは、ボディのカサつきが気にならないボディソープを使ってよかったです」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます