異性からアプローチされるのは、どんな人であれ好意については純粋にうれしいもの。

でも、「いいな」と思いながら一緒にいてどうしても気になる点があり、そこを見過ごせずに結局はお付き合いまで進まなかった、というケースもあります。

違和感を無視できなかったのは、何かのサインだったのかもしれません。

どんなことが気になったのか、交際を避けた経験がある男女に本音を聞いてみました。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます