フォトギャラリー【写真ギャラリー】当たった「フェーブ」はコレ!
  • BIGOT TOKYO ガレット・デ・ロワ フェーブが当たった!
  • BIGOT TOKYO ガレット・デ・ロワ サクサクパイにアーモンドクリームたっぷり!
  • BIGOT TOKYO ガレット・デ・ロワ 王冠もついています
  • BIGOT TOKYO ガレット・デ・ロワ 良い香りです
  • BIGOT TOKYO ガレット・デ・ロワ お店にはパンがいっぱい

1月6日は「ガレット・デ・ロワ」で運試し!

新年を迎えるにあたり、フランスでは欠かす事のできない伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」。クリスマスの終わり頃から、色々なお店で展開しています。

バレンタインの頃まで食べられるパイのお菓子なのですが、一番食べられる日はやっぱり1月6日の「公現祭」。中に陶器製の小さな人形「フェーブ」が1つだけ入っていて、それが当たった人は「幸運をひきよせた」と言われ、王冠を被り、王様・女王様としてみんなから祝福されます。

日本では見かける事の少ない「ガレット・デ・ロワ」ですが、その文化や美味しさ、楽しみ方を広めたと言われているのが、フランスパンやカヌレでも有名なお店「BIGOT TOKYO」。

今回は新年をお祝いしつつ、2022年の運試しに早速購入してみました!

BIGOT TOKYO ガレット・デ・ロワ モノトーンのおしゃれなデザイン

箱はモノトーンでおしゃれなデザイン。大きさや持った時の重みにとてもワクワクします。

サイズは2種類あり、3〜4人用のプティが16cm、グランは6人〜8人にちょうどよい22cmです。

小さい方が当たりやすいところですが、今回は大きいサイズを購入してみました。

BIGOT TOKYO ガレット・デ・ロワ 模様が美しい

ボックスを開けると、見るからにサクサクそうな色とフォルム、そして艶!上質のフランス産バターをたっぷり使用しているのが、開けたときの香りでよくわかります。

そして、ガレット・デ・ロワの特徴でもある、表面の美しい模様。ここにも新年にとてもふさわしい意味が込められています。

模様の種類は大きく分けて4種類。「太陽」は生命力、「ひまわり」は栄光、「稲穂」は五穀豊穣、そして「月桂樹」は勝利を意味しています。それぞれの意味にも、古くからの伝統を感じることができますよね。

この中のどこかに祝福されるフェーブが入ってるかと思うと、是非当てたい!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます
バックナンバー