温かい料理を作る頻度が増える冬はランチョンマットの出番も多くなるはず。

今回は、鍋敷きにもなる無印良品の新作ロープマットや、他にはない華やかな見た目が目を引くニトリのもの、1枚200円以下で買えるコスパ◎のIKEA(イケア)のランチョンマットなど、おすすめを集めました。

機能性、コスパ、デザインなどをひとつずつご紹介します。

【無印良品】インド綿ロープ マット L:490円(税込)

【無印良品 インド綿 ロープマットL】キナリのLサイズを選びました

無印良品のランチョンマットは、ナチュラルなカラーなので、どんなインテリアや机にも合いそうです。

目がしっかりと詰まっていて固い素材なので鍋敷きとしても使えます。

S、M、Lとあり、今回はLサイズを選びました。

敷くだけで一気にいつもの料理が映えます。見た目にメリハリが出て和食がなんだかおしゃれに見えました。

【無印良品 インド綿 ロープマットL】土鍋を置くこともできます

お皿やお椀が4種類ぴったり収まり、1〜2人用の土鍋も余裕を持って置けました。

【ニトリ】ランチョンマット(プラン GO):508円(税込)

【ニトリ ランチョンマット(プラン)】葉っぱが集まったようなデザインがかわいい

以前からSNSで度々このランチョンマットを見かけており、「かわいいなあ、どこに売っているんだろうなあ」と目を付けていました。

今回記事を書くにあたって調べてみるとなんとニトリ。さらに税込508円で買えるというから驚きです。

【ニトリ ランチョンマット(プラン)】料理がおしゃれに見える

こちらのマットは葉っぱが集まったような独特なデザインです。少しツルッとしたメタリックな素材なので、料理全体が引き締まって見えます。

主張が強すぎないのでどんな食器、料理にも合うのもポイント。

穴があいているのでテーブルが汚れるのを守る役割はありませんが、グッとおしゃれに見せてくれます。

がっつりメニューの麻婆丼もおしゃれなランチョンマットにのせられてなんだか素敵に見えました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます