歩き疲れたら「足湯」を楽しみに「横浜みなとみらい 万葉倶楽部」へ

新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらない中、旅行に行きたいけど新型コロナウイルスの流行が心配で、あまり遠くはちょっと…と思う人も多いですよね。

そんな旅好きな人たちも近場で気軽に楽しめる旅を楽しむなど、旅のスタイルも変わりつつあります。

なかでも異国情緒あふれる「横浜」は、コロナ禍でも根強い人気の観光スポット。東京から約1時間と移動時間も楽で、『ちょい旅気分』が味わえます。アレもコレも楽しみたい、ちょっぴり欲張りな「日帰り旅」のモデルコースをご紹介します。

フォトギャラリー【写真でみる日帰り旅!】グルメ&夜景&癒し♪画像ギャラリーはこちら
  • 「象の鼻テラス」
  • 「時をかける象(ペリー)」は、開業時から常設されている象の鼻テラスのシンボル
  • 象をモチーフにしたラベルの飲み物やソフトクリームなども販売している
  • 「青い象」が描かれたマグカップやTシャツ、クッキーといったおみやげグッズも販売。
  • 波止場を歩いて大さん橋へ

横浜のアートに触れる!「象の鼻テラス」

「象の鼻テラス」

横浜日帰り旅は、みなとみらい線「日本大通り駅」出口1より徒歩約3分、出口2より徒歩約5分の場所に位置する「象の鼻テラス 」からスタート!

「時をかける象(ペリー)」は、開業時から常設されている象の鼻テラスのシンボル

象の鼻テラスは「横浜市・開港150周年事業」として、2009年6月2日に開館。

横浜港発祥の地を、横浜の歴史と未来をつなぐ象徴的な空間として整備した「象の鼻パーク」内に、アートスペースを兼ね備えたレストハウス(休憩所)として地元民はもちろん、観光客の憩いの場となっています。

店内は、ギャラリーと休憩スペースになっている

「クリエイティブシティ・ヨコハマ」の拠点としても知られ、象の鼻カフェのアイコン「青い象」が描かれたマグカッやTシャツ、クッキーなどのおみやげグッズも販売。

「青い象」のデザインは、ミナ ペルホネンのデザイナー、皆川明氏によるもの。横浜土産としてもオシャレでステキ~!!

「青い象」が描かれたマグカップやTシャツ、クッキーといったおみやげグッズも販売。

「時をかける象(ペリー)」や「ぺリコ」などの常設アートや定期的に実施されているワークショップや音楽ライブなどにも注目です。

【象の鼻テラス】

■横浜市中区海岸通1丁目
045-661-0602
10:0018:00
■入場無料・年中無休
※開館日時は都合により変更する場合があります。

絶景レストランでランチ!「International Cuisine Subzero」

波止場を歩いて大さん橋へ

「象の鼻テラス」から港情緒溢れるルートを歩いて、国際客船ターミナルの「大さん橋」へ移動。

「大さん橋」内にある“海に浮かぶレストラン”として人気の「International cuisine subzero(インターナショナル キュイジーヌ サブゼロ)」で、イタリアンベースの創作料理のランチを味わいましょう。

大さん橋の先端にある「subzero」

ランチコースはちょっぴり贅沢な「SUBZERO LUNCH A COURSE(サブゼロ ランチ Aコース)」(4,400円)をオーダー。

本日のアミューズ「ホタテとカリフラワーのムース」

前菜の前に出される「Stuzzichino」(ストゥッツィキーノ)は「ホタテとカリフラワーのムース」。大粒のホタテとイクラがとても贅沢な一皿。

アンティパストは「鰆のカルパッチョとマイヤーレモン 黒米のサラダ仕立て」

「Antipasto」(アンティパスト)は「鰆のカルパッチョとマイヤーレモン 黒米のサラダ仕立て」。鎌倉野菜などの神奈川県産の食材を使用するなど、地産地消にこだわっています。

本日のスープ「「岩手白金豚バラ肉と冬野菜のボッリート 白インゲン豆のポタッジオ仕立て」」

10日間塩漬けにした白金豚を4時間かけてやわらかく煮込んだ「Zuppa」(スープ)は、丁寧に作られたクリアなスープと、白のインゲンのペーストを混ぜながら頂きます。

野菜の甘みや隠し味に使用しているスターアニスやコリアンダーなども感じられ、オリエンタルな風味も楽しめます。

本日のパスタ「しらなみポークのサルシッチャと米ナスのタリアテッレ」

「Primo」(本日のパスタ)は「しらなみポークのサルシッチャと米ナスのタリアテッレ」。パスタのサルシッチャも神奈川県平塚市の「しらなみポーク」を使用しています。

イタリアンパセリやディル、セルフィーユ、エストラゴンなどのハーブやベビーリーフもタリアテッレと共にたっぷり味わえます。

「ニュージーランド産 乳飲仔牛ロースのロースト ポルチーニ茸のソース」

「Secondo」(メイン)は「ニュージーランド産 乳飲仔牛ロースのロースト ポルチーニ茸のソース」。

牧草を一切与えず、母牛のミルクだけで育った乳飲仔牛はとても柔らか。風味豊かなポルチーニ茸のソースともよく合います。

おまかせドルチェの盛り合わせは、「ショコラムースとフランボワーズ、季節のフルーツを添えて」

Dolce(ドルチェ)は、ショコラムースとフランボワーズのソルベ、季節のフルーツ添え。見た目も美しく、味と共に大満足!

国内外のクルーズ線などの船が行き交うところを眺めながら優雅にデザートとコーヒーを頂き、最後まで非日常感を満喫できました。

International Cuisine Subzero

■横浜市中区海岸通1−1 大さん橋国際客船ターミナル2F(大さん橋内先端)
045-662-1099
■ランチ 11:30 15:00  LO 14:00
ディナー 17:3022:00  LO 20:30(月 ・ 金)
ディナー17:0022:00  LO 20:30(土日祝)​
■無休

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます