婚活で失敗しないためのアドバイス

さらに、仲人を立てた上でのアドバイスも教えていただきました。

・安心して任せられる仲人を見つける
横井「まずは、自分に合う、話しやすい仲人を見つけることです。仲人なら誰でも同じではありません。中には、アドバイスができない未熟な仲人だったり、仲人という役割を軽視しているような人も残念ながら存在するのです。自分と合わないと感じたら、その段階で変更することも可能です。話しやすく、時には厳しいことも言う、先生のような存在でいてくれる人を探しましょう」

・仲人には隠さずすべてを話す
横井「前でも少し触れましたが、仲人にはできるだけ隠し事をしないようにしてください。言いたくないこともあるかもしれませんが、実は重要な情報かもしれません。また、時には仲人同士が連携して成婚へ導くように仕向けることもありますし、お互いの気持ちを上手に伝えられない人同士であれば、メッセンジャーのような役割もします。心を開いて接した方が絶対にいいですよ」

・100%好きを狙わない
横井「100%自分が納得するような、完璧な人を求めないことです。人間である以上、欠点がない完璧な人などいません。どうしても許せないところや、譲れない点があるなら別ですが、多少の気になるところは目をつむってもいいと思います。欠点があるのは相手だけでなく、あなたにもあるはずですから。70%くらいは好きかな、と思ったら、OKしてもいいのではないでしょうか」


いかがでしたか? 仲人を立てるお見合いは、敷居が高いとか最終手段というように感じられることが多いですが、本気で結婚を考えるならお見合いが一番効率的であり、幸せな結婚に結びつく確率も高いのだそう。婚活疲れを起こさないためにも、自己流ではなくプロの力を借りたほうがいいのかもしれません。

(取材協力)
横井睦智
仲人士。日本仲人協会岐阜本部長。業界内でもトップクラスの成婚率を誇る、敏腕仲人士。おたくがお見合いに適している、と気づき、おたくに特化した結婚相談が人気。その他、全国のプロ仲人900人の前で講演を行うなど、仲人の育成にも力を入れている。

1986年生まれ、一児のママ。大手自動車メーカー退職後、フリーランスライターに。恋愛・結婚・育児、働き方など女性に関すること、医療をテーマに執筆。仕事も育児も自分ゴトも、諦めず効率的に行う方法を日々模索し実践中。趣味は旅行と読書。
 

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます