BIGBANG 左からV.I、T.O.P、G-DRAGON、D-LITE、SOL

「みんな、遊ぶ準備できましたか?」(G-DRAGON)、「ファイナルやから、みんなでこの東京ドーム燃やしていきましょう!」(V.I)と呼びかければ、大歓声が会場を包む。SOLが「東京、Ready?」という掛け声とともにオーディエンスとコール&レスポンスを楽しむ。そこから、芸人顔負けの爆笑MCと、エッジの効いた映像でステージを転換しながら、“パーティー”を展開していった。

ギターサウンドを効かせたバンドアレンジの『HaruHaru –Japanese Version-』、光が反射しキラキラと輝きを放つオルゴールのような回転ステージで歌った『LOSER』。「I'm loser」と、SOLのソウルフルな歌声が悲しく響くと、続く『BLUE』でもフロアに憂いの色を漂わせていく。

そんなしっとりとした雰囲気を切り裂くように「ヤッホー」とV.I。嬉しい気持ちを山登りにたとえて叫ぶV.Iに、SOLは「それは山の上でやるんじゃないの?」なんてクールに突っ込む。しかし、V.Iはどこ吹く風で、「東京ドームは広いからさ、ヤッホー!」。5万5000人のこだまはさぞかし気持ちのいいことだろう。

この喜びとともに、今回のツアーで動員した91万人へ感謝の気持ちを、と「日本のファンの皆さんのおかげです。誠にありがとうございましたっ!」と早口で述べるV.I。これを、D-LITEは「V.Iは、一番重要な心がないよ! 大事な『ありがとうございます』が短い」とバッサリ。お手本を見せるとばかりに、SOLが「平日にもかかわらず僕らを観に来てくくれたたくさんのみなさん、誠にありがとうございます…」と、ゆっくりとお礼を述べる。すると、D-LITEは「SOL君の本気を感じました」と、SOLとがっちり握手してオーディエスを沸かせた。

さらに、次曲の紹介では、「愛する人の前ではクールな男のフリをするけど、実は、心は脆くて弱い男たちの感情を歌った曲。僕たちもそういう男。そういう意味で、“一番悪い男”V.Iが歌うのがいいかな」とG-DRAGON。SOLも便乗し、「V.Iはそんなに悪くない、悪すぎです」。どこまでもイジられる末っ子V.Iに笑いが絶えない。

楽しい前振りで披露された『BAD BOY』に次いで、『IF YOU』は日本語バージョンで。離れていく恋人への未練と後悔をスタンドマイクで歌い上げる5人の姿に、歌声に、フロアに悲しみが降り注いだ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます