cvgfz87uiae7ehe 坂本ですが? コラボビジュアル

人気アニメ「坂本ですが?」と阪神電鉄・西宮市がコラボ。11月1日(火)から、作品の舞台となった地域の最寄駅・鳴尾駅を中心に、「坂本ですが?」と西宮市の魅力を十分に味わえるさまざまな企画がスタートします。

鳴尾駅では、坂本君が様々なポーズを決める装飾を実施するほか、地域の風景やスポットの写真とアニメのシーンが見比べられるパネルなどを展示する「秘技:風景重ね合わせ(シナリー・オーバーラップス)」展を開催。

また、キャラクターデザインを手がけた中嶋敦子さん描き下ろしの2種類のコラボ・ポスターも登場。坂本君が車掌に扮する「阪神電車ですが?」が2月15日(水)まで、坂本君がほら貝をスタイリッシュに吹いている「西宮市ですが?」が3月31日(金)まで、阪神電車の車内・駅、西宮市貝類館他西宮市内各所で掲出予定です。

img_114919_5

さらに、鳴尾駅、甲子園駅、西宮市役所などで、作品に登場したスポットを紹介する「坂本ですが? 西宮Cool探訪マップ」を無料配布。このマップを使ったスタンプラリーが開催され、市内の施設4か所全てでスタンプを集めた方先着1,000名にコラボポスター絵を使用したオリジナル特製ポストカードをプレゼントされます。

そして、西宮市貝類館では、作品の中で坂本君が久保田君のお母さんにプレゼントした「貝の詰め合わせ」と、詰め合わせの貝を使った久保田君のお母さんの「ペンダント」を作るワークショップを開催。なお、この西宮市貝類館と西宮市こうしえん観光案内所にて、原作者の佐野菜見さんの直筆イラスト入り色紙を展示も予定されています。

また、聖地巡りの小ネタなどを紹介する特設サイト「学文高校広報部」が、地域ポータルサイト「西宮流(にしのみやスタイル)」内に11月1日(火)に開設予定です。

フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなし、現在は、映画・マンガ・音楽などエンターテイメントを軸に活動中。「サイボーグ009」を始めとする石ノ森章太郎作品フリーク。