12星座占いは、12星座以外にも火・風・水・土の4タイプに分けることができます。

どのタイプの星座かによって、恋愛の傾向も大きく変わってきます。

今回は、12星座の4つのタイプ別・恋愛のテンションの特徴を紹介! 彼氏や好きな人とのタイプを比較して、恋愛に役立てましょう。

火のタイプ(牡羊座・獅子座・射手座):一気に上がって下がる

メラメラ燃える炎の性質を持ち、好きになったら一気に行動に移す傾向にあります。

そのため、スタートダッシュは誰よりも得意。出会ったばかりの新鮮な気持ちのうちは、相手の新しい一面を見つけるたびに心が躍り、アプローチを繰り返すことができます。

けれど、お互いをよく知った頃には燃料不足になってしまい、初めの頃の燃えるような気持ちは鳴りを潜めてしまうかもしれません。

火タイプは、一目惚れをしたりテンポの速い恋愛では強いけれど、じっくり気持ちを育てるような恋愛はじれったいと感じたり、相手の気持ちが育つ前に冷めてしまっていることも……。

一気に上がって一気に下がる、ジェットコースターのようなテンションの上がり下がりがあるのです。

風タイプ(双子座・天秤座・水瓶座):常に一定

さっぱりした性質を持ち、友達カップルのような関係を求める傾向にあります。

そのため、一見恋愛なのか友情なのかわからないようなこともあるでしょう。

あからさまに恋愛モードな自分を表に出さないため、恋愛のテンションは常に低空飛行に感じるかもしれません。

けれど、風タイプは自分が好きじゃない人とは距離を取るのが上手で、身近にいてほしくない人に対しての態度は冷淡なものだったりと、とてもわかりやすい傾向にあります。

付き合う前も、長く付き合ってからも何か変わった感じがしないのは、このタイプは一定のテンションをずっと維持することができてしまうからなのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます
バックナンバー