「本当、金運がない…」と心底思っていませんか?

そんなママに、お金を運んでくる、ちょっとした暮らしの中の行動を龍羽さんに教えていただきました。

金運アップの日常行動5選

1.トイレのフタは毎回閉める・トイレは清潔に保つ

龍羽ワタナベさん(以下、龍羽)「これは有名な話。トイレは私たちの排せつ物を受ける場所なので、フタをしないと不浄な氣が上がってきて、それが空間に舞ってしまうのです。当然、金運だけではなく、すべての運を落とします。

フタを閉めると同時に、トイレを清潔に保つのも重要。トイレの清潔度で生活レベルをはかることができます。

後進国などの貧しい国では、トイレは汚いことが多いです。蓋はもちろん閉めていないし、そもそも蓋がなかったりします。

やはりお金持ちの家のトイレはキレイです」

2.家の中を整理整頓する

龍羽「家の中が散らかっていると、風水上、大変よくありません。そもそも風水は氣の通り道を確保することが重要であり、ゴチャゴチャだと氣の流れが滞ってしまいます。

それにゴチャゴチャだと、いつもモノを探したり、モノにけつまずいたりしてイライラします。整理整頓ができていない空間にいると、頭も整理整頓ができないので、論理的に考えられなかったりして、感情的になりやすいなど、結果、金運を落とすような結果になります。

子どもも集中力散漫の落ち着きのない子、我慢ができないキレやすい子になりやすいです」

3.ゴミや不用品、古新聞、古雑誌、古着などはすぐ捨てる

龍羽「これも家の中の整理整頓につながります。ゴミや不用品、古新聞、古雑誌、古着など不要なものがいつまでも部屋の場所を占めていると、部屋が散らかる原因になります。

また、用が終わったものや、要らないものは、その存在自体が良くない氣を発するために、空間の氣を汚します。

そして、余計なモノが空間を占めていると、その空間に新しいものが入ってこないことにもなります。新しいものとは、情報や金運のこと。これらを処理することは空間のデトックスになります。

ちなみにお金はスッキリ片付いた場所が好きなんです。ゴミ屋敷や汚部屋に住むお金持ちはいません。不用品を溜め込み、家が散らかっていると、人間関係や健康、仕事などすべてにマイナスになります」

4.財布の置き場所に注意する

龍羽「財布をバックに入れっぱなしにしないこと。財布は一旦はバックから出す癖をつけましょう。こうすることで財布やお金を大切に扱う習慣が身につき、また、ちゃんとお金を意識したり、管理したりできるようになります。

また、財布は電気製品のそばやキッチンに置いてはいけません。五行(木・火・土・金・水)では、『火剋金』といわれ、火は金を剋する(いじめる)とされています。

お金は金で、電気製品は火です。キッチンはコンロと電気製品が多く、どちらも火。つまりお金は剋される、いじめられるので、居心地が良くないのです。結果、あまりお金が居ついてくれなくなります。

お金は寝室のような落ち着くところが好き。特に北と西の方角がいいです」

5.テレビのつけっぱなしをやめる

龍羽「見たいテレビ番組があるのなら、そのときだけ画面の前に座り、見るのはかまわないのですが、それ以外のときのつけっぱなしがNG。特に、家に帰ったと同時に無意識にテレビをつけるようなことはやめましょう。

時に、耳に入れなくても良い、ネガティブな情報や汚い言葉が耳に入ってくることもあります。

そもそもテレビのニュースでは、殺人や虐待、災害など嫌な情報が多いです。『ニュースを見ます』という心づもりで見ていれば、悲惨なニュースでもバリアを張ることができますが、つけっぱなしのテレビから流れる情報として無意識化の中に入ってくると、無防備状態。

実は気が付かないうちに自分にダメージを与え、ネガティブな考えや行動につながり、金運が逃げていくのです」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます