紫外線が気になる季節がやってきました。この夏は、例年とは違った悩みや不安もたくさんありますよね。

マスクによる肌荒れが気になる方も多いでしょう。働き方などが少しずつ変わって、お家時間が増えた方もいるかと思います。

そこで、家で過ごすときにオススメの日焼け止めをご紹介します。

家にいるときも日焼け止めをした方が良い理由

紫外線対策は外でするものだと思いがちですが、家の中でも油断は禁物。紫外線には3つの種類があります。地上の紫外線の95%を占めるUV-Aは、生活紫外線とも呼ばれます。

UV-Aは、買い物や洗濯物を干すときなど、知らず知らずに浴びやすいもの。

また、雲やガラスも通り抜ける性質なので、家にいるときも対策が必要なのです。UV-Aを浴び続けると、肌の弾力を失い、シワ・たるみの原因に。

日焼け止めには「PA」と「SPF」の数値が書いてあります。

PAがUV-A防止効果、SPFがUV-B防止効果を表します。紫外線の種類のうちUV-Cはオゾン層に吸収されるため、地表には届きません。

家で過ごす日は、「PA +〜++、SPF10〜20」程度で大丈夫。

外出する日はマスクをすることが多いかと思うので、マスクをしていても崩れにくい日焼け止めが快適です。家にいる日は、低刺激処方のアイテムで肌を休めてあげましょう。

お悩み別「家にいる日に使いたい日焼け止め」

家で過ごすときも、鏡を見て肌がキレイだとテンションが上がります。手を洗う回数が増え、鏡に写る自分が目に入ることも多くなった方もいるでしょう。

スキンケアで美肌を目指すのはもちろん大切ですが、せっかくなら肌がキレイに見える日焼け止めを使ってみてはいかがでしょうか。

宅配便など急な来訪があっても慌てずに済むかも。

1: 肌のアラが気になるなら「バランシング おしろいミルク C」

朝用乳液の「バランシング おしろいミルク C/エリクシール ルフレ」です。化粧水の後に塗るだけで良いので、時短になりますよ。

ベージュのような色で、自然なカバー力があります。毛穴、くすみ、色ムラなど肌のアラも気になりにくくなります。

乳液だけあって、うるおいも長持ち。皮脂と水分のバランスを整えてくれる処方です。アレルギー処方済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません)。

朝の乳液を置き換えるだけで、UV対策しながら美肌に見せてくれる優れものです。

2: さり気なくトーンアップを狙うなら「エーデルワイス UVプロテクト」

オーガニック系でオススメなのが「エーデルワイス UVプロテクト/ヴェレダ」です。プレママや赤ちゃんにも使える、肌に優しい処方。子どもと一緒に使う日焼け止めで悩んでいる方にもオススメです。

薄いベージュ色で、自然に肌がトーンアップします。ミルクがスーッと馴染み、みずみずしい肌感に。

植物成分でしっかりと保湿してくれ、冬に使ってもしっとり。マスクの影響などで乾燥しがちになってしまった方も、ぜひ試してみてください。

3: 肌のくすみが気になるなら「ブライトアップベース UV」

肌を守りながらUV対策できる「ブライトアップベース UV/ミノン アミノモイスト」。ごわついてしまった肌にも、優しく馴染みます。

肌全体がなんとなくくすんで、どんより疲れて見えるという方に。自然な肌色に調整してくれるので、くすみも目立たなくなりますよ。

肌荒れでファンデーションが乗りにくくなったという方は、メイクする日にもオススメです。ベースをしっかり整えてくれるので、ファンデーションも浮きにくいのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます