いつも連絡したがったり、束縛が激しかったり。いわゆる「重い」女性は、恋愛の対象としては大変なイメージがあります。

ですが、そもそも男性が考える「恋愛で重い女性」って、どんな存在なのでしょうか。

お付き合いするとしたらありかなしか、男性たちに意見を聞いてみました。

「重い」女性は彼女としてあり!? 男性たちの意見とは

1: 受け止められるなら「重い」女性でも大丈夫

「恋愛で重い女性って、それだけ一途な気がする。元カノに『あなたが好きすぎて自分でも気持ちを持て余す』って言われたことがあったけど、正直にうれしかったです」(24歳/美容師)

「恋愛に淡白というか、あまり愛情表現をしてくれない女性のほうが苦手。いつも好きって言われたいし、俺も言いたい。重い女性って一途に気持ちをぶつけてくれそう」(28歳/営業)

「“重い”と感じるのは人それぞれというか、こっちが受け止められるなら気にしません。付き合い方は変わっていくと思うし……」(26歳/配送)

「恋愛で重い女性でもOK」という男性の意見では、「一途」という言葉が目立ちました。

好きだからこそ愛情が深くなる、と捉えると、マイナスにはならないのですね。

また、「好きと言わない女性は無理」「気持ちはわかりやすいほうがいい」と考える男性も多く、しっかりと愛情表現をしてくれることに安心するそう。

女性の愛情を感じたい、また自分も伝えたいと思う男性は、重さを一途と受け止めます。

2: 依存されそうで怖いから、「重い」女性はなし!

「元カノがまさに重い女性で、連絡がつかないとすぐにキレて大変でした。信用されていないんだな、とずっと寂しかったのでもうこりごりです。」(30歳/デザイナー)

「重い女性って、付き合うといつも『好き』とか言われそうで怖い。何かしてもらったら見返りを求められそうで、しんどいイメージがあります」(29歳/営業)

「ある女性と付き合った友人が、最初は『ひたむきな子で』と言っていたけど、そのうち『依存されて疲れる』とこぼしていたのが忘れられません。

好きでいてくれるのはうれしくても、依存になるともう愛情じゃない気がする」(33歳/公務員)

「重い女性とは付き合えない」と思う男性からは、「前向きな交際ができない」という意見が聞かれました。

愛情が重いことが、ネガティブな影響になると考えるのですね。

特に「依存されそう=窮屈なお付き合いになる」と考える男性は多く、愛情表現を強要されたり常にお返しが必要だったり、疲れる恋愛は避けたいのが男性の本音。

重い女性とは、対等な関係を築けないと思うようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます