「ランナー世論調査2016」発表、「マラソン」にハマり「ウルトラマラソン」に挑戦する人も続出?

2016.7.25 11:24

アールビーズ社が「ランナー世論調査2016」の調査結果を発表しました。ここでは発表された調査結果のうち4つのポイントに着目し、考察を交えながらご紹介します。

アールビーズ

7月13日(水)、アールビーズ社は「ランナー世論調査2016」の調査結果を発表しました。同調査は2016年5月27日(金)〜6月6日(日)に掛け、全12,934名(男性10,705名、女性2,229名)を対象に行われたもの。アールビーズ社の運営する『RUNNET』ユーザーのランナーを中心とし、インターネット上で実施されました。ここでは発表された調査結果のうち4つのポイントに着目し、考察を交えながらご紹介しましょう。

関心の高まる「ウルトラマラソン」

スクリーンショット 2016-07-19 11.13.34

ランニングを開始し、やがて“走れる自分”へと変わっていく。ハーフマラソンやフルマラソンへの挑戦を果たせば、「今度は何に挑戦しようか」と考える方が多いはず。その選択肢として、ウルトラマラソンが注目されつつあります。

程度こそさまざまですが、『まったく興味がない』を除く少しでも興味を持っている方は全体の約85%。私もハーフマラソン、フルマラソンを経てウルトラマラソンを走りましたが、ランナーの心理として、

「これだけ走れたのなら、もっと長い距離も走破できるのでは」

「フルマラソンの先に、どんな達成感が待っているのか体感してみたい」

といった気持ちが生まれるのかもしれません。実際、大会もまた全国各地で増加傾向にあり、これから“ウルトラランナー”が増えていく可能性は高いでしょう。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!

超簡単「顔ヨガ」で小顔に!

     
ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント