【INFINITE】“今、この瞬間を楽しもう”――日本初上陸のシリーズコンサート「ク ヘ ヨルム3」を徹底レポート

INFINITEの小劇場コンサートシリーズ「ク ヘ ヨルム(あの年の夏)」。同シリーズのパート3が日本で初めて開催された。東京・豊洲PITで5公演、大阪・Zepp Nambaで3公演が行われた日本ツアーの9月1日、豊洲PITの模様をレポートでお届け!

INFINITE

韓国出身の7人組ボーイズグループ、INFINITE(インフィニット)が約1年半ぶりの日本単独公演を行った。「ク ヘ ヨルム(あの年の夏)」と題されたライブは、韓国で2012年から2年に1度開催されている小劇場コンサートシリーズ。1回目が5公演、2回目が7公演、3回目の今年にはソウル5公演、釜山2公演が行われたが、通常の1/10規模の会場での公演に、毎回、激しいチケット争奪戦が繰り広げられる。

日本でもアリーナ会場でライブを行うINFINITEが、東京・豊洲PITで5公演、大阪・Zepp Nambaで3公演という、日本で初の「ク ヘ ヨルム(あの年の夏)3」を開催! ライブハウスという近すぎる場所、そして、アットホームな雰囲気で行われた9月1日、豊洲PITの模様をレポートする。

音楽性にこだわりのあるINFINITEは、毎回、生バンドでライブを行うが、「ク ヘ ヨルム(あの年の夏)」も、コーラス3名、キーボード2名、ギター、ベース、ドラムという構成のバンドによる生演奏。8月31日に日本ベストアルバム『BEST OF INFINITE』をリリースしたばかりではあるが、本公演は韓国ライブとほぼ同じ進行、韓国語曲メインで行われた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント