職場の人間関係に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。よく「職場に、苦手な人はひとりやふたりいる」と言いますが、元々の相性の問題もありますよね。

それでも、できるだけ気持ちよく仕事をしたい――。そう願ってやまない女性も多いと思います。

そこで今回は、職場にいる苦手な人との関り方について、いい手立てになりそうなヒントをいくつか考えてみました。

職場で「苦手だ……」と感じる人との関り方4つ

その1:友好的に仕事をする、相手のやり方に合わせる

苦手でも「相手と仲良くやっていきたい」気持ちがあるのなら、ある程度相手に合わせて仕事をする必要がありそうです。

自分の考えややり方を押し付けるのではなく、相手が上司、後輩関わらず、相手に少し調子を合わせて仕事をしてみてはいかがでしょうか。

こうすることで、相手への心証は良くなり、人間関係も円滑に進みやすいでしょう。

相手に合わせて仕事ができる人は、それだけ仕事ができる人だと思います。

状況を俯瞰できる冷静さと、自分の心に余裕を持って仕事ができるといいですね。

その2:雑談を交えて会話をする、社交辞令を気に掛ける

会話ができる関係なら、仕事とは別に、趣味やプライベートの話を織り交ぜるのも、人間関係の円滑に役立つでしょう。

「苦手な人だから」と言って何も話さないと、一緒に仕事をするときに気まずいままですし、ますますお互いに苦手意識を持ってしまいそうです。

少しでも気持ちが共有できる部分があるとわかれば、「意外と話が合うかも?」と、お互いに相手のことが気になり出すかもしれません。

「積極的にコミュニケーションを図っていこう」と、前向きな気持ちにもなりやすいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます