職場の上司、同僚。恋人、親、友人など、私たちの生活は対人関係で溢れていますね。相手との距離が近く、無下にできない関係ほど、悩みは尽きないのではないでしょうか。

しかし、できることなら相手と仲良くやっていきたい。どうしたって、やっていかなければいけない……。この記事ではそんな場合の人間関係を、少しでも円滑に良好に進めるコツをご紹介します。

人間関係を良好に保つ3つの秘訣

1:相手を立てる、尊重する

気心知れた相手でも、苦手意識を持っている相手でも、尊重する姿勢は絶えず持っていられると、良好な関係維持に役立ちます。

相手の意見を否定せず、受け止め、さらに相手が気持ちを満たされるように、相手を立てるのです。

よく人間関係は写し鏡だといいますよね。どんな相手でも、相手のいいところは必ずあるはずです。

相手の欠点ばかりに目を向けるのではなく相手が自分にしてくれたことを思い出す余裕が持てると、相手に映る自分の印象も変わってくるものです。

2:人に話す、愚痴をこぼす

相手との関係で何かイヤなことがあったら、とにかく人に話して、気持ちを楽にさせましょう。自分ひとりが我慢し、鬱憤を溜めていたのでは、ストレスになってしまいます。

ただし、話す相手は信頼の置ける人に限定すること。できれば事情の分かる人に話したほうが、気持ちが消化されやすいと思います。

上司のことであれば、さらに上の上司に相談をする。友達のことであれば、知人。恋人のことであれば、親友や親などに話すなどですね。

人に話すことで、自分の気持ちが整理され、本音が見えてくる場合もあります。ぜひ溜め込みすぎず、人に打ち明けましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます