恋人との将来を真剣に考える女性や、彼氏のお金の使い方についてきちんと把握しておきたいと考える方にとって、相手の収入や貯金額は非常に重要なポイントです。

とはいえ、直接本人に「収入・貯金はいくらあるの?」と聞いても、はぐらかされたり、イヤな顔をされたりして、教えてもらえないという女性は少なくありません。

そこで、今回は彼氏の経済状況を遠回しに確認するための8つの方法をご紹介します。

彼氏が「収入」を教えてくれないとき

彼氏に収入を聞いても教えてもらえない…そんなときには、どんな方法で経済状況を探っていけばいいのでしょうか。

さっそく、今すぐ実践できる以下の方法をチェックしてみてください。

家賃を聞いて推測

彼氏が収入を教えてくれないときには、家賃を聞いてみることでおおよその収入をイメージできることが多いです。

一般的に家賃は「手取りの3分の1までに抑えるべき」と言われています。もちろん例外もありますが、仮に彼氏の家賃が10万円であれば、手取りで月々30万円前後の収入を得ている可能性が高いと考えられるでしょう。

デートにかけるお金からイメージする

普段のデートでのお金の使い方は、収入を想像する際のヒントになります。

「いつもおごってくれることが多い」「選ぶお店の値段が高め」などであれば、ある程度金銭的に余裕があると言えます。

逆にデート先が常に格安もしくは無料で利用できるレジャースポットであったり、食事は安いファミレスであったりする場合は、金銭的に厳しい状況かもしれません。

勤務先の求人情報をチェックする

彼氏の勤務先がわかるなら、勤務先の求人情報をチェックしてみてください。企業によっては、ホームページの「求人状況」「リクルート」などのページで求人を募集していることがあります。

求人情報は彼氏の給与や待遇を把握する際にも役立つ情報です。必ずしも求人情報の内容が彼氏にも該当しているとは限りませんが、おおよその目安としてヒントになるでしょう。

「今月〇〇万円しか貰えなかった」と言って相手の反応を見る

「今月残業少なくて給料が〇〇万円しか貰えなかった~」と言って、相手の反応を見てみてください。

たとえば、「今月手取りで15万円しかなかった」といった発言に対し「それは少ないね」と言うようであれば、少なくとも15万円以上の収入を得ていることは間違いないでしょう。

逆に「それだけあれば十分じゃない?」といった返事があれば、彼氏も同じくらいの収入か、もしくはさらに少ない収入である可能性があります。

税金の額を聞いてみる

収入は教えてもらえなくても、税金の額は教えてもらえるケースが非常に多いです。

税金の額は、収入額を算出する際のヒントになるので、彼氏に聞いてみることがおすすめ。「私、税金だけで〇万円も引かれてるよ~」と、自分から税金額を打ち明けてみることで、相手も「俺なんて~…」と話しやすくなるでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます