「私の彼氏を誰かに自慢したい!」と思ったことはありませんか?

大好きな彼氏のことをみんなにも知ってほしいという気持ちは、女性であれば誰にでもあるもの。女性同士でお互いの彼氏自慢をするケースもあるのではないでしょうか。

実は、そんな女性たちの自慢話は、男性が喜んでいることも多く、彼女も彼氏も充実した気持ちになるのです。

そこで、今回は彼氏が「マジで嬉しい…」と喜ぶような自慢話のテーマをご紹介します。

もっと愛してくれるかも!? 彼氏が喜ぶ“自慢話5選”

さっそく、彼氏が喜ぶような「彼氏自慢」のテーマをご紹介します。

どんな自慢なら彼氏が喜んでくれるのか、気になる女性はぜひ以下を参考にしてみてください。

1.いつも「好き」って言ってくれて安心させてくれる

「うちの彼氏、しょっちゅう好きって言ってくれるから安心できるんだよね~」

「彼氏の口癖は“好き”とか、“愛してる”とか。だからいつも信頼してる」

いつも好きって言ってくれることや、安心させてくれることを自慢するのは、彼氏がグッとくるものです。

彼氏にとって嬉しいのは、自分の愛情が相手に伝わっていること。彼女が理解してくれているということが分かれば、彼氏もホッと安心すること間違いなしでしょう。

実際、「俺の気持ちってちゃんと伝わっているの?」「普段から愛情を示しているつもりだけど分かってるのかな?」など、彼氏側にも多少は不安があります。

彼氏自慢を通して、愛情が伝わっていることをアピールするのもいいかもしれません。

2.カッコイイのに自覚してない

「彼氏ってカッコイイのに、そのことに気が付いてないんだよ!」

「顔とか服装とかすごくかっこいいんだけど、本人はあまり自覚してない」

彼氏が喜ぶNO.1の自慢話と言っても過言ではないのが「カッコイイのに自覚していない」という話題。

「カッコイイ」ということを遠回しに褒めているだけではなく、「その点に気が付いていない」というクールな部分にも触れている自慢話です。

彼氏としては、直接「カッコイイ」と褒められるよりも100倍嬉しいかもしれませんね。

とくに、「顔がカッコイイ」「服装や髪型、雰囲気がカッコイイ」といったポイントは男性の自信にもつながります。

普段、あまり彼氏に対して「カッコイイ」と言っていないのであれば、より一層彼氏の喜ぶ自慢になるかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます