おうち時間の暇つぶしとして「愚痴聞きサービス」が注目されているのをご存じですか?

自宅にいながら、見知らぬ人に愚痴を聞いてもらえるといったサービスで、コロナ禍の今「3密を回避しつつ利用できる」として利用するケースが多く見られています。

とはいえ、具体的にどのような活用ができるのかは、初めての方にとっては大きな疑問でしょう。

そこで今回は、愚痴聞きサービスの概要から、実際の利用者の感想などを詳しくご紹介していきます。

愚痴聞きサービスとは

愚痴聞きサービスは、自分の心の中に抱えるモヤモヤを吐き出すためのサービスです。

専門のスタッフなどが、電話越しに愚痴を聞いてくれるサービスで、想像以上にスッキリするのが魅力。リピーターも少なくありません。

そのうえ、名称は「愚痴聞きサービス」ですが、単純に話し相手になってくれたり、悩み相談や自慢話など対応している話題は多岐に渡ります。単純に「今、誰かと話したい」「人には言えないことだけど誰かに言いたい」といった、自分が抱えていることを吐き出すことができます。

ちなみに、愚痴聞きサービスの費用感は、10分あたり300~1,000円が相場。専門業者がサービスを提供していたり、個人事業主として活動する人が仲介サイトを利用してサービスを実施したりしていることが多いです。

愚痴聞きサービスの使い方&疑問点

「愚痴聞きサービスってどんな話をしたらいいの?」「どのように会話が進んでいくの?」など、疑問を感じている方は多いでしょう。

ここからは、実際の使い勝手や雰囲気、話題などについて、ご紹介します。普段のおうち時間に飽きた人は、新しい過ごし方としてぜひ参考にしてみてくださいね。

愚痴聞きサービスの使い方

愚痴聞きサービスは、専門の業者のホームページからサービスを利用できるだけではなく、自身のスキルを売買できるホームページなどからも利用できます。

基本的には、利用の申し込み(スケジュール調整)を行ってから、サービスの利用がスタートします。サービスによっては、スタッフの空き状況に応じて、その場ですぐにサービスを利用できるケースもあるので、利用前に確認しておくことがおすすめです。

愚痴聞きサービスではどんな会話をすればいいの?

基本的に、電話の対応者が聞き手となってくれるので、自分の話を一方的にするようなイメージで問題ありません。

軽く挨拶を交わしたら、話したいことの話題やテーマを切り出す利用者もいます。

「人には相談しにくいことなんですけれど…」「最近、気分が不安定で…」など、前置きをすると担当者も雰囲気に合わせて傾聴してくれます。

愚痴聞きサービスのスタッフは、親しみやすい人が多く、聞き上手がほとんど。適度に相槌を打ったり、時々質問をしたりしながら、話しやすいように配慮してくれます。

ちなみに、筆者が利用した際には「実は初めての利用で緊張していて…」と打ち明けたところ、「初めてだと緊張しますよね」「初めての利用者がほとんどですよ~」と、緊張を和らげるような言葉をかけてもらえました。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます