友達とはいつも盛り上がる会話。それなのに相手が男性になると「いまいち長く続かない」と悩む女性は意外と多いものです。

緊張しているわけでもないのに、なぜか男性と楽しく会話ができない。恋が始まりそうなムードがないのはなぜなのでしょうか。

そこには男性のテンションが関係しているのかもしれません。今回は実際に男性たちに聞いた話をもとに、会話が盛り上がらない理由について注意点をお伝えします。

会話が盛り上がらない「4つの理由」

1:自慢話に聞こえる

「飲み会で一緒になった女性は、念願のブランドバッグを購入したと言ってたんですが、そのブランドのことをよく知らないし、お金もちアピールにしか見えなかった」(男性Mさん・21歳/アパレル)

その気はなくても、男性には自慢話に聞こえていることがあるので要注意です。

2:過去の恋愛話

「元カレの話をしている女性は、あまり好きじゃないかな。別れた後だからって好き放題言われている彼氏に同情しちゃいます」(男性Uさん・31歳/公務員)

過去の恋愛話をすると男性から「この女性とは恋愛したくないな」と思われる可能性があります。自分はフリーだと言うことをアプローチしたい場合は、別の方法で伝えましょう。

3:仕事で成果をあげた話

「女性が仕事を頑張っている姿には心を打たれます。でも『部長に気に入られている』と言ったり『私は仕事ができるからね』と言っている様子には、まぁまぁイライラします」(男性Hさん・37歳/公務員)

仕事で成果をあげた話は回りくどい言い方ではなく素直に「褒めて?」でいいかもしれませんね。

4:一緒にいてあげてる感が満載

「やっとデートできたと思った女性に『私忙しいから』と言われたのはショックでしたね。一緒にいてあげてる感はやめてほしい。いくらなんでもイライラしたので、そこから会ってません」(男性Iさん・26歳/経理)

その気はなくても、男性にとっては「一緒にいてあげてる」と言う高飛車な様子に見えてしまうので要注意です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます