フォトギャラリー【写真】便利な“ねこまるコード”はこう使う!ワークマン「バックパック」フォトギャラリー
  • 【ワークマン ジョイントバックパック スタンダードエディション】ジャケットなどを引っ掛けられる「ねこまるコード」
  • 【ワークマン ジョイントバックパック スタンダードエディション】おもちゃも取り付け可能
  • 【ワークマン ジョイントバックパック スタンダードエディション】アウトドアや旅行にも
  • 【ワークマン ジョイントバックパック スタンダードエディション】サイドポケットも付いている
  • 【ワークマン ジョイントバックパック スタンダードエディション】別売りのジョイントサコッシュが取り付けられます

子どもとのおでかけは荷物が多い…!

子どもとの遠出は、たとえ日帰りや一泊であっても荷物が多くなりがち。

おむつやおしりふき、飲み物、お菓子、おもちゃ、着替え、タオル、帽子など、ついついかさばってしまうんですよね。

しかも小物が多いので、仕分けも大変。

筆者は大きめのリュックをすでに持っているのですが、メインポケットには中に小分けポケットがなく、子ども用のグッズを入れるとぐちゃぐちゃになってしまい、必要なものを必要な時にすぐに取り出せないのが悩みでした。

【ワークマン ジョイントバックパック スタンダードエディション】小分け収納が豊富

そんなとき、「ワークマン」で大きさも収納も多いリュックを発見しました!

「ジョイントバックパック スタンダードエディション」はアウトドアバッグとして売られていたのですが、これは子育てバッグにも役立ちそうだとピンときました。

アウトドアバッグはほかのメーカーからも数多く販売されていますが、有名ブランドのものだと高くて手が出せませんが、ワークマンは税込3900円と値段もお手頃だったので購入を決意しました。

今回はこの「ジョイントバックパック スタンダードエディション」の使用レビューをお届けします。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます