恋人関係が長く続くと新鮮さが薄れ、次第に一緒にいる意味がわからなくなることはありませんか?

そんな時は些細なLINEを送ることも、ついためらってしまいがち。

今回は倦怠期中の彼氏のLINEの特徴や、連絡の取り方などを紹介します。

倦怠期中の彼氏とのLINEの特徴とは?

1: 話題が弾みにくい

倦怠期は、話題が弾まないのでLINEで送る内容が思いつかなかったり、ちょっとした文面で喧嘩になることも多くあります。

やりとりがつまると余計に気を遣ったり、倦怠期であることを実感して寂しくなることもあるはずです。

2: 遅い返信にストレスを感じることも

デートの前日、付き合う前はすぐに反応があったのに、デート当日の朝にやっと返信がくるような状態になってしまうこともあるでしょう。

女性としては、遅い返信に「私の優先順位ってそんなに低いの?」と悲しく感じることも。

3: 彼氏が話題を広げようとしない

彼氏からの話題を広げようとしない、「そう」や「わかった」のみの返事は少し寂しくなりますよね。

女性はなんとか会話をつなげようと、つい疑問系のメッセージを送ったり、自分の身の回りのことを教えたりしまいがちです。

しかし、彼氏にとっては、そのメッセージするのもだるいのかも。必要最低限の内容にとどめる方が無難です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます