OK行動その2:相手のスタンプ使いに合わせる

スタンプは原則、相手を誘いたいときや相手に頼みごとをしたいときなどに、文章と組み合わせて使うのが効果的です。メッセージをやわらかく見せたり、「かわいい一面もあるのかな」と思ってもらえたりして、相手の心をふっと和ませることができます。

相手と心理的に近づくには、相手が使っているスタンプと同系統のスタンプで返信するなど、相手に合わせた工夫をしたいところ。「あ、この人もこのスタンプが好きなのかな」「私と似たスタンプを使うことが多い人だな」と親近感を持ってもらえるはずです。

人によって使うスタンプに傾向があるので、相手にすこしだけ合わせてみることで、距離がぐっと近づく可能性もあります。

 

LINEではいかにスタンプを上手く使いこなすかがポイントです。気になる異性とLINEで楽しくやりとりするために、今後はスタンプの使い方をしっかり意識してみてはいかがでしょうか。

フリー編集者・ライター。岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます