実は、まだ全然名古屋の街を歩けてないんです。なので、ガイドブックを買ってまず、研究しようと思ってます。公演のMCで皆の話に出てくる所とかは、行ったことがない方が絶対多いと思うんです。でも名古屋のことは、名古屋や、その近辺から来てくださる方にとっては、もう皆さん知っていることだから…。

だから、皆から名古屋のことを教えてもらうというより、「行ったことないけど、聞いたことある!」とか「ガイドブック見たことある!」って、皆とMCしていきたいなって思ってます。

――これから、佐江ちゃんに名古屋でのお話を聞くのが、ますます楽しみになってきました。今回もいろんなお話をしていただいて、ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました! 

――次回は、いよいよ来月に迫った“総選挙”のことについてもお伺いしたいと思っていますよ! 次回もよろしくお願いします。

ハイ。“総選挙”のことについては、去年の出来事も振り返りながらお話していきたいな、と思っています。それでは皆さん、また来週の金曜日にお会いしましょう! 谢谢大家!(皆さん、ありがとう!)

 


【今回のまとめ】
◎中国入門ポイント
日頃の感謝の気持ちを伝える“母の日”。中国には、古代中国の親孝行な24人の故事を集めた『二十四孝(にじゅうしこう)』という書物があります。

『二十四孝』が日本に伝わったのは、室町前期といわれています。日本のおとぎ話集として有名な『おとぎ草紙』の中に、『浦島太郎』や『一寸法師』などとともに、『二十四孝』も収められ、読み継がれてきました。

このほかにも『二十四孝』のお話は、毎年7月に行われる京都・祇園祭の山車(だし)にもみることができます。登場人物の名をとった“孟宗(もうそう)山”と“郭巨(かっきょ)山”の歴史ある2つの山車は、病気がちな母のために雪の中からたけのこを探そうとする孟宗や、貧しさの中、母を養おうとする郭巨の話をもとに造られています。

◎今回のフレーズ&単語
母亲节【mǔqīnjié】母の日

*本文中の赤字は、中国語です。
*)中国語の表記は、上海(大陸)で使われている簡体字を使用しています。また【 】内には、中国語の発音表記として漢語拼音(ピンイン)を記しています。

撮影:山田大輔 スタイリング:山本隆司

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー