ラピュタ、ナウシカの貴重な制作資料!

 
©Studio Ghibli  拡大画像表示
©Studio Ghibli  拡大画像表示

そして最後に登場するのは『天空の城ラピュタ』(1986)と『風の谷のナウシカ』(1984)です。天空の城ラピュタから、一番印象的な建造物である「ラピュタ城」の制作過程の資料を展示、そして長編作品で唯一と言われている未来の世界を描いた『風の谷のナウシカ』から、風の谷やぺジテの街のスケッチなどが飾られています。

 

 
©Studio Ghibli 拡大画像表示

ここで、展示は終わるのですが、最後の最後にとても貴重な宮崎駿監督が描いた「虫眼とアニ眼」の原画がズラリと並んでいます。原画の内容もとても楽しいので、ついつい見入ってしまいます。

 

こんなにボリュームいっぱいな展覧会なのに、必要なのは東京江戸たてもの園のチケットのみ!! たてもの園だけでも物凄い見応えがあるのに、更に『ジブリの立体建造物展』まで見られるなんて、とってもおトク!! 素敵なイベントが行われている期間は7月10日~12月14日(日)まで。まだまだ十分開催期間がありますので、一度遊びに行ってみてはいかが?

 
©Studio Ghibli 拡大画像表示

●『ジブリの立体建造物展』
【江戸東京たてもの園】
住所:〒184-0005 東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
電話:042-388-3300(代表)
■会期:2014年7月10日(木)~12月14日(日)
 ※休園日=毎週月曜日、月曜日が祝休日の場合はその翌日
■開園時間:7月~9月 9時30分~17時30分/10月~12月 9時30分~16時30分
 ※入園は閉園の30分前まで
江戸東京たてもの園入園券にてご覧いただけます。
【一般】400円
【65歳以上の方】200円
【大学生(専修・各種含む)】320円
【高校生・中学生(都外)】200円
【中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童】無料

 フリーライター(たまにイラストレーター)として、雑誌やWebで執筆。現在はグルメ・旅の撮影や執筆、取材を中心にお仕事をしています。元飲食店オーナーだったこともあり、調理経験を生かして料理レシピやフードコーディネートも行っています。ブログ:『牡丹餅 あんこのpoco a poco』