「鈍感」「愛情表現が下手」は実は長所!?

「gooランキング」でも、若いころには気付かない不器用な男性の良いところとして、女性の好意に気づかず鈍感なタイプは浮気の心配がないところが挙げられて第1位に。
ライフスタイルが華やかで流行の最先端をいくような男性は、女性の扱いも慣れていますし、結婚には不向きとよくいわれますが、鈍感タイプであれば確かに浮気の心配はなさそうです。

そして、ランキングで第2位に入っているのが、愛情表現が下手な男性。
このタイプは、表面を取り繕うことがないので裏表がないとして評価されているようですよ。
美味しいお店や話題のお店をほとんど知らない男性も、最初はつまらないと感じるかもしれません。
でも、飲食代がかからないので貯金に回せるメリットがありますし、自分が行きたいお店をリクエストすればいいだけなので、結婚相手としては最適なタイプなんです。

Y美さんも「オシャレなスポットは私がリサーチして、休日のお出かけプランも全部私のリクエスト。彼は“◯◯がしたい”って言わない人だから、すごくラクだしどこでも連れてってくれる」とのこと。

 “圏外”にこそスポットライトを!

若い頃には気づかなかった、というかむしろ苦手だと感じていたような“ぶきっちょ男子”に目を向けるだけで、びっくりするほど幸せな人生を謳歌しているY美さんの話をご紹介しましたが、いかがでしょうか。
ゴールインできない婚活女子を見ていると「条件を下げている」といいながらも自分なりに条件をつくってしまって、男性をふるいにかけている人もいらっしゃいますよね。

自分は結婚がしたいのか、それとも恋愛がしたいだけなのか。目的をちゃんと整理することで、今までは“圏外”としか思えなかった男性の長所にも、目を向けられるようになるのではないでしょうか。
「生理的に受け付けない、ムリ!」と思っている相手でも、Y美さんのようにお試しで付き合ったら、最後はその魅力にハマってしまうかもしれませんよ。

 

参考:若いころには気付かない不器用な男性の良いところランキング(gooランキング)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます