「好きな人ができない」と悩んでいる女性は意外といます。

では、そんな女性に対する男性たちのホンネは……?

飲み会などで、この言葉を口にする女性に対して、男性たちが感じている本心を直撃してみました!

その中から、衝撃的だったものや意外だったものを3つご紹介します。

「かまってちゃん」っぽい

「この言葉を言う女性って、かまってちゃんタイプが多い気がします。

『えー。可愛いのにもったいな〜い』とか『きっと、理想が高いんだよ〜』とかまわりに言ってほしくて、わざとこういう言い方をしているイメージ。

なので、飲み会とか職場とかでこういう話をしてくる女性には、深入りしないようにしてます」(34歳男性)

「好きな人ができない」の裏に「そんな私って、何がいけないの?」的なニュアンスを感じると、途端にかまってちゃん臭を感じるのも男性のホンネみたいです。

女性が深い意味なく口にしていても、こんなふうに深読みする男性もいるから、キケンですよ!

「付き合う気はない」って言っているように聞こえる

「好きな人が“いない”じゃなくて、“できない”って言っている女の子からは『私は、誰ともお付き合いする気がありません』って意思を感じちゃいます。

なので、アプローチしても無駄かなって思うんで、最初から恋愛対象からは外すことが多いですね」(31歳男性)

好きな人を作りたくても、それまでそれに値する人がいなかっただけ…という趣旨の発言でも、こんなふうに、さらにその先を深読みする男性もいました。

できることなら、アプローチしてほしいと思っているタイミングでは、誤解を避けるためにも、なるべく口にしないほうがよさそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます