面と向かって「NO」とは言えないけど、実は男性がひっそりと発信している「恋愛対象外」のサイン。

気が付かないまま突き進んでしまい、告白したけど玉砕した、では悲しいですよね。

男性が発するサインには、「距離を縮めない」のが脈なしを見極めるポイント。

どんなものがあるか、ご紹介します。

1. 連絡しない

LINEではつながっているし電話番号も知っているけど、いつも連絡するのは自分からで男性からは一切なし。こんなときは、脈なしの可能性を考えましょう。

「LINEやメールは苦手で」と男性が言っていても、好意を持つ女性にはみずから送りたくなるのが恋心。

普段は話す話題がなくて送りづらくても、たとえば女性の誕生日などはしっかりメッセージを考えることで気持ちを伝えようとします。

特別な日でも連絡がないのは、関心が薄い証拠かもしれません。

2. 約束しない

「今度、ご飯でも行こうよ」と言えば「うん」と返してくれるけど、実際に誘うとなぜか都合がつかず断られてしまう。

約束をしないのは、「あなたのために時間を割く気持ちがありません」というサインであることも。

本当に好意があれば、短くても会う時間を作ろうと思いませんか?

ふたりきりで会う時間を作ってしまうと、それが女性に期待させることになるとわかっている男性は、約束を避けることで距離を保とうとします。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます