できるだけ彼氏の負担にならずに、彼氏にやんわりと嫉妬を伝えられるといいですよね。

そのためには重くならないように、できるだけ笑顔で伝える必要性があります。

今回は自分に自信がない人ほど試してもらいたい、嫉妬を察してもらうための「かわいい」と思われる「氏彼への嫉妬の伝え方」を6つ紹介しましょう。

彼氏に「かわいい!」と思われる嫉妬の伝え方6つ

1: 「私の事好き?」

どうして嫉妬してしまうのか考えると、「彼氏のことが好き」という気持ちがあることに気付きます。だからこそ、「彼氏にも同じ気持ちでいてほしい」と思うのです。

その気持ちをストレートに伝えることで、嫉妬の怒りも和らぐでしょう。

「私のこと好き……?」と不安そうな声で聞けば、彼氏から「当たり前だろ」と笑ってもらえるかもしれません。

嫉妬していることで怒りをぶつけるより、その不安にフォーカスして「どうして嫉妬しちゃったのか」その彼氏のことを思う気持ちを素直に伝えるべきです。

2: 「嫉妬する女の子、どう思う?」

嫉妬する頻度が高い女性には、その嫉妬する性格を彼氏にカミングアウトしてしまうという方法があっているかもしれません。しかし、嫉妬という感情を露わにしていいのか悩むこともありますよね。

彼氏に受け止めてもらえるか心配な場合は、「嫉妬しちゃう女の子をどう思う?」と聞いてみるのもオススメです。

男性によっては、嫉妬する女性のことを「愛されている実感があるから好き」と思う人もいます。

女性の嫉妬に対して、彼氏がどういう受け止め方をするのか探ることで、「嫉妬なんてする自分は醜い」と自己嫌悪になることを防げるはずです。

3: 「ずっと一緒にいたい」

彼氏と仲良くする女性になぜイライラするのかというと、少なからずその仲を不安に思うからでしょう。

どんなに信用していても、浮気や別れを心配する女性は他の女性の影を気にします。その根本には、「彼氏とこれからも一緒にいたい」という思いがあるはず。

素直に「これからもずっと一緒にいたい」と改めて伝えるのもいいでしょう。勘がいい男性なら「どうしたの?」と歩み寄ってくれるはずです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます