「コストコ」はお菓子もコスパ最高!おすすめチョコレートを紹介

会員制倉庫型店「コストコホールセール」の魅力は、大容量ゆえにコストパフォーマンスが高い品物が買えるところ。とはいっても、ただ価格が安いだけではなく、世界各国の有名ブランドによる商品ならではの品質の良さを見逃してはいけません。

コストコと一般的なスーパーマーケットの品物を、単純に内容量あたりの価格だけで比較したら、そう変わらなかったとしても、「この品質でこの価格なら納得」という商品が、コストコには多々あるのです。

日本の小売店ではあまり見かけない、海外メーカーの商品が手に入るのも特筆すべき点と言えるでしょう。

今回ご紹介するチョコレートにも、そんなハイスペックで珍しい商品がたくさんあります。

ただし、コストコの品物は時期によって度々入れ替わるという点には注意が必要です。が、それは裏を返せば、足を運ぶ度に新たな発見があるということ。コストコに行ったら、ぜひお菓子売り場もチェックしてみてはいかがでしょうか。

ハムレット チョコクリスピー 125g×4箱 899円

トップバッターは、1956年に設立されたベルギーのメーカー「ハムレット」のチョコレートチップス。コストコのチョコレートの中でも人気の高い商品のひとつです。

ポテトチップスのような形をしていますが、ポテトは一切使われておらず、ベルギー産のチョコレートで成形されています。

1枚あたりのサイズはポテチよりも小振りで薄く、生地の中には、サクッとした軽い食感を生むライスクリスプが。ミルク感が強いチョコのやさしい甘さに、サクサク食感がベストマッチして、つい食べる手が止まらなくなる逸品です。

こちらのミルクチョコのほかに、ストロベリーやキャラメルといった4つのフレーバーがセットになったタイプもあります。本品が気に入ったら、ぜひ別のフレーバーもチェックしてみてくださいね。

Hawaiian Host アロハマックス 397g 1,088円

ハワイの定番お土産として有名な「ハワイアン・ホースト」のマカダミアナッツチョコレートを食べたことがある方は、多いのではないでしょうか。

とはいえ、お土産でもらったパターンがほとんどで、日常的に食べているという方は、あまりいらっしゃらないかもしれません。そんなハワイのお土産の味を思う存分味わえるのが、この商品。

ハワイアン・ホースト独自のドライロースト製法で、油や添加物を使わずにじっくり焼き上げたマカダミアナッツの香りを、濃厚かつ甘すぎないミルクチョコレートが引き立てています。

ナッツ7:チョコ3の比率が絶妙で、ゴロゴロ入ったマカダミアナッツのカリッとした食感もやみつきに。

一粒一粒がやや大振りで、ひと口で頬張ると噛み砕くのがちょっと大変……というところを含めて、海外のお土産感を楽しめます。