育児が始まってから一年の怒涛の忙しさを乗り越えた親たちが次にぶつかる壁の一つに「イヤイヤ期」がありますよね。

「本当に嫌なの?」とイライラする反面、いうことを聞いてくれない我が子に「親として情けない」という気持ちになってしまうことも。

保育士に聞いたイヤイヤ期の正しい対処法と、パパへのイヤイヤへの対処法も紹介します。

子どものイヤイヤ期はどうして起こる?

子どものイヤイヤ期がなぜ怒るのか認可こども園の保育士に話を聞いてみました。

――なぜ子どものイヤイヤ期は起きてしまうの?

Mさん「自我の芽生から相手から言われたことをやるというより“自分の主張をやってみたい”という気持ちが出てきたり“自分で決めたい”という気持ちが出てくるみたいですよね」

――イヤイヤは保育士の人も精神的に辛いことがあると思うのですが、どうやって対処しているんですか?

Mさん「選択肢を与えて、自分で決められるようにしたり、一度その子の気持ちを受け止めてあげられるといいですね。

――つまり「右と左どっちがいい?」みたいに複数の選択肢を用意して、子どもに選ばせるということですね!

Mさん「そうですね。ママが全部決めてしまうのではなく、あらかじめ親が考えた選択肢を子どもが選びとる感じがいいと思います。

イヤイヤ期の時期は、やりたい気持ちも出てくるのですが、まだ言葉がうまく出てこない子も多いものです。そうした、もどかしさから子ども自身も”いや”という簡単な言葉でしか気持ちを表せません」

――親の認識の「イヤ」と子どもの思う「イヤイヤ」は違うということですよね?

Mさん「そうですね。イヤと思って言ってるわけではなくて“本当はこうしたい”というのをうまく説明できないだけで“いや”というしかなかったり(笑)。そんな子どもの気持ちをうまく汲み取れるような声かけがいいですね」

伝えられない本音?

親の認識の「嫌」というのは、どちらかというと「拒否」のイメージに近く、子どもが断固拒否してくることで辛くなってしまう親も多いでしょう。

実は、その「イヤイヤ」には子どもが伝えたいけれど伝えられない本音が隠されているのかもしれませんね。「イヤ」は、自分の意思を言葉にして伝えるより言いやすいだけで、子どもはそんなに悪気がないこともあるのでしょうね。

しかし、そこで親がヒートアップして怒ってしまえば、子どもはさらに「なんでママとパパは怒ってるの?」と悲しくなって、今度こそ本当の「嫌」になってしまいそうですよね。

パパにもイヤイヤする時の対処法

我が子に「イヤイヤ」されると、ママも参ってしまいますよね。そこは同じ親として「パパにもわかってほしい」と感じるのではないでしょうか。しかし、子どもがパパも嫌がる場合があり、これにはパパの心も折れてしまうことも……。

パパにイヤイヤするときの対処法を知りつつ、ママの負担も軽減できるようになれると良いですよね。

パパとママで遊ぶ

子どもは「楽しいこと」が大好きです。「この人といると楽しい」と思う人であれば、人懐っこいのが特徴です。祖母や祖父だって、久しぶり会うのにルンルンしている子どもをみたことがあるでしょう。楽しいことがあるとわかれば子どもも学習します。

まずは、パパとママの3人で遊ぶことから慣れてみては。パパがイヤイヤされて挫けてしまう場合は、子どもが今どの段階の発達状況にいるのかを説明できるといいですよね。

「誰かがみててくれている」という安心感で、ママは精神的にも楽でしょう。

パパにイヤイヤ期をわかってもらう

まだまだ新米パパとなると、我が子のイヤイヤ期をうまく受け止められないこともあるでしょう。「そんなわがまま言わないの」など怒りすぎてしまうこともあるでしょう。

パパにイヤイヤ期の正しい知識を教えてあげられるといいですね。

パパと接すると「怒られる」と感じれば、イヤイヤ期でなくても苦手になってしまいがちですよね。そっと机上にプリントした育児書などを置いておくといいでしょう。

ママがパパに「好き」と伝える

小さい子どもであっても「大好きなママが大好きな人」ということを理解できるものです。「ママ、パパのこと大好き」と口に出して伝えてみることで、子どももパパもニコニコ顔になるかもしれません。

大人であっても親しい友人が紹介してくれた人は「信用できる」と感じる人もいるでしょう。子どもも同じで信頼を寄せているママが好いているパパのことを嫌いになるはずはないです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます