大切な彼氏がいる女性にとって、不安なのが「マンネリ化してしまうこと」ではないでしょうか。

今は、彼氏との時間に新鮮さや、ときめきが感じられても、交際期間が長くなるにつれて、次第にお互いにマンネリ化してしまう可能性があります。

マンネリ化は破局の原因の一つ。可能であれば避けたいところですよね。

そこで、今回は彼氏がとずっとラブラブでいるための、マンネリ防止法をご紹介します。

カップル必見! 効果てきめんなマンネリ防止法5つ

1: お互いに近づきすぎない

カップルがマンネリを防ぐためには、お互いに近づきすぎないことが大切です。

例えば、「少しの時間でもほぼ毎日のように会う」「どちらかの家に入り浸る」など、お互いに近づきすぎるのはマンネリ化を早めるため注意しなければなりません。

カップルがマンネリせず、いつまでも新鮮さやときめきを感じ続けるためには、適切な距離を保つことが望ましいといえます。

「デートの回数を増やしすぎない」「どちらかの家に入り浸らず、たまにお泊りする程度にとどめる」などを意識することで、マンネリを防ぎやすくなります。

好きな彼氏とは1秒でも長く一緒にいたいところですが、今後の付き合いのためにも「近づきすぎ」には気を付けてください。

2: 何でもない日にサプライズをする

クリスマスや誕生日、交際記念日などの特別な日は、プレゼントを贈り合ったり、サプライズしたりと、定番化してしまうもの。

だからこそ、あえて「何でもない日にサプライズ」をおすすめします。

相手も予期せぬタイミングでのサプライズに刺激を感じるはずです。また、サプライズと併せて日ごろの感謝の気持ちを伝えれば、普段の自分の気持ちを伝えるきっかけにもなるでしょう。

「感謝していること」「不安なこと」「今後やってみたいこと」などを一緒に話す機会にもなりますので、ぜひ何でもない日のサプライズを計画してみてはいかがでしょうか。

3: タイミングを見てイメチェンする

「最近ドキドキしなくなってきたな」「彼氏の態度がテキトーになってきたな」など、マンネリ予備群かも? と気が付いたら、タイミングを見てイメチェンしてみましょう。

髪型を変えてみたり、服装の系統を変えたりするだけでも雰囲気はガラリと変わるもの。あなたのいつもと違う雰囲気に、彼氏も新鮮な気持ちを抱いてくれることでしょう。

また、イメチェンは必ずしも「外見」だけのことではありません。例えば、大人の女性に近づくために、彼氏と会っていない時間を使って習い事を始めてみるのも良いでしょう。

考え方や、言動、しぐさなどがいつもと違って、彼氏もちょっぴり見直してくれるかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます