彼氏からプレゼントをもらって嬉しい気持ちになったものの、それ以降は何のフォローも感謝の表現もなく、不満を感じたことはありませんか?

しかし、彼氏はあなたが「常に満足してくれている」と考えているかもしれません。

男女で違う考え方の傾向について解説します。

男性の感謝は“一回こっきり!?”

少し昔の時代、「スイートテンダイヤモンド」が流行りました。既婚男性が結婚10周年の記念として、妻にダイヤモンドをプレゼントするというものです。

いつも感謝はしているのだけれど、それを形にするのは恥ずかしい。だけど、何か形で示したい。そんな男性に対して「結婚10周年記念に妻にダイヤを渡そう」という解決策を、宝石業界が示したのです。

その結果、妻に感謝の気持ちを示したい男性の中で大流行が起きました。

しかしながら、このスイートテンダイヤモンドは文化として根強く残ることはありませんでした。その原因のひとつは、女性ウケがそれほど良くなかったからです。

妻側もダイヤをもらえると、勿論嬉しい気持ちになります。しかし、その後不満を感じだすのです。

なぜなら男性が一度プレゼントをしたことで満足し、その後のフォローを怠るようになるからです。

多くの男性は一度女性を満足させたら、その効果がずっと持続すると考えるのです。

何度も欲しがる女性

ところが女性は一度満足させてもらったとしても、また何かしてもらいたいと思う傾向があります。

ですから一度ものを渡してそれでおしまい、では女性を喜ばせることはできないのです。

スイートテンダイヤモンドは一度で終わってしまい、そこで男性が満足して次が無くなってしまう。そのために、多くの女性からは評価されにくかったのですね。

世の中には、妻や彼女に感謝の気持ちを伝えたいと考えている男性は沢山います。そしてその気持ちを一度形にしたらそれでおしまい、という男性も多いのは「一度満足させたらその効果がずっと持続する」と考える男性の傾向が関係しているのです。

「彼氏は私のことをないがしろにしているのでは」といった不満や不安が募ってきたら、ぜひこの傾向の違いを思い出してみてください。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます