フォトギャラリー「ママトレンド2021予測&2020トレンドランキング」の詳細を表で見る
  • 2021年トレンド予測
  • おうち時間は「充実志向」から「ストイック化」
  • トレンド2020「食部門」
  • トレンド2020「美容・健康」部門
  • トレンド2020「エンタメ」部門

今年は新型コロナウイルスの流行により、いつも以上に「おうちにいながらできること」に注目が集まった1年になりました。

小学生以下の子どもたちを持つママたちは、今年はどんなものが流行り、2021年にはどんなものがトレンドになりそうだと思っているのでしょうか。

トレンダーズが発表した「ママトレンド2021予測&2020トレンドランキング」をご紹介します。

2021年は「おうち時間のストイック化」と、「外時間のウェルネス化」!?

おうち時間は「充実志向」から「ストイック化」

調査対象のママ達が回答した「2021年に流行しそうなもの」の中から特に注目すべきものを選出した「ママトレンド予測2021」。

2020年のトレンドランキングを踏まえて、見えてきたキーワードは「おうち時間のストイック化と、外時間のウェルネス化」です。

新型コロナウイルスの影響により、「いつもと違う状況下でも子どもたちがストレスを感じないよう、なんとかおうち時間を充実させたい!」というママたちの想いから、「おうちカフェ」や「おうちキャンプ」といった、家の中を遊び場に変えるアイテムやサービスが流行しました。

また、おうち時間の急増も影響し「鬼滅の刃」や「Nizi Project」などのエンタメコンテンツを親子一緒に楽しむ傾向も強くなっています。

調査を行う中で、様々なものが急速にオンラインに移行する中、試行錯誤を重ね、変えた方がいいもの、代替の利かないものが明確になり、おうち時間と外出先とで求める価値観が変わったというママの声が多く聞かれました。

2020年は新しい生活様式を試してきましたが、2021年はその中から必要なものを取捨選択し、おうち時間は「充実志向」から「+ストイック」に。

外時間は「自粛志向」から「+ウェルネス」へ変化すると予想されます。

2021年トレンド予測

おうち時間のストイック化

ウイルス対策も兼ねた健康志向の高まりから、食に関しては「発酵食品」や「腸活」といった免疫力アップが期待されるもののブームが再燃の兆しです。

また、子どもたちの自宅学習は今後も上手く取り入れたいと考えるママが多く、楽しく学べる「教育系YouTuber」や「知育お菓子づくり」の人気が高まりそう。

これまではおうち時間の充実は子ども主体であることが多かったのですが、今後は「おうちエクササイズ」や「オンラインレッスン」といった、ママ自身のための時間を充実させるコンテンツも広がりを見せていきそうです。

2021年は「健康」や「学び」をキーワードに、適度にストイック化していくと予想されます。

外時間のウェルネス化

反対に、外出先での時間がママたちにとって「ウェルネス」(輝くように生き生きしている状態)となる傾向が見受けられます。

家族のおうち時間が増えたことでママひとりの時間の確保が難しくなる中、外出することで得られるものの価値が浮き彫りになり、今まで以上に「息抜き」、「自分らしさ」という意味合いを持つようになったと考えられます。

一方で、感染への不安から、不特定多数の人が集まる場所は避けたいという意見も挙がっています。こうしたことをうけて、「お取り寄せ」や「シェフ出張サービス」、「レンタルスペース」を活用した「楽ちんホムパ」への注目が高まりそうです。

また、「ハイフ」、「ダーマペン」、「ピコレーザー」といった「美容医療」が自分へのご褒美として流行りそうという意見も複数見られました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます