今までもよりもより一層、「健康」や「体のケア」に注目が集まるコロナ時代の食材の新しい選択肢の1つが「大豆ミート」。

大豆ミートは、お肉に比べて低脂質でコレステロールフリー、高たんぱくで食物繊維も多くヘルシーです。

そして何より美味しく、使いやすさも抜群なので、お肉の代用として非常時に備えるストック食材(=ローリングストック)として、アウトドアの食材として、また、ダイエットや調整食としてもおすすめです。

早速、「大豆ミート」初心者でも簡単にできるレシピをご紹介します。

フォトギャラリー【大豆ミート】下ごしらえ不要! 「そのまま煮ておいしいシリーズ」で作れるメニューを写真で見る
  • 【そのまま煮ておいしいシリーズ】大豆のお肉のキーマカレー
  • 【そのまま煮ておいしいシリーズ】ハヤシライス
  • 【そのまま煮ておいしいシリーズ】大豆ミートパスタ
  • 【そのまま煮ておいしいシリーズ】カレーライス

そのまま煮ておいしいシリーズの簡単レシピ

「大豆ミート」は、レトルトタイプや乾燥タイプ、冷凍タイプなどがありますが、今回ご紹介するのは、乾燥タイプを湯戻しせずそのまま使える、大豆ミートの下処理不要の簡単レシピです!

1: そのまま煮ておいしい大豆のお肉のキーマカレー

材料(2人分)

  • ダイズラボ 大豆のお肉ミンチ 乾燥タイプ 35g
  • 玉ねぎ 1/3個
  • なす(中) 1/2本
  • にんにく 1/3片
  • カレールウ 20g
  • ご飯300g
  • 乾燥パセリ

調味料

  • なたね油 小さじ1
  • なたね油(なす用) 大さじ1
  • (a)カットトマト缶 130g
  • (a)水 100ml
  • (a)コンソメ顆粒 小さじ⅔

作り方

下ごしらえは、玉ねぎとにんにくをみじん切り、なすをさいの目に切りにし、フライパンになたね油を熱して炒め、取り出しておきます。

(a)を混ぜ合わせておきましょう。

フライパンになたね油とにんにくを中火で熱し、香りが立ったら玉ねぎを入れて透き通るまで炒めます。合わせた調味料と「ダイズラボ 大豆のお肉ミンチ 乾燥タイプ」を加え、ひと煮立ちさせたらフタをして弱火で3分煮ます。

フタをあけて全体を混ぜ、カレールウを加えて溶かしながら2分煮て、最後になすを加えて混ぜ、器にご飯を盛ってカレーをかけます。彩りに乾燥パセリを振りましょう。

作り方の詳細はマルコメ「そのまま煮ておいしい大豆のお肉のキーマカレー」をご確認ください。

2: そのまま煮ておいしいハヤシライス

材料(2人分)

  • ダイズラボ 大豆のお肉フィレ 乾燥タイプ 1/3袋(30g)
  • 玉ねぎ(中) 3/4個
  • マッシュルーム 4個
  • ご飯 2膳分
  • 生クリーム お好みで

調味料

  • ハヤシライスの素(市販) 2皿分(固形なら約2かけ)
  • なたね油 適量
  • (a)水 400cc
  • (a)酒 大さじ1
  • (a)顆粒ブイヨン 小さじ1/2

作り方

玉ねぎとマッシュルームは薄切りにし、鍋になたね油を中火で熱して3分程じっくり炒めます。

(a)と「ダイズラボ 大豆のお肉フィレ 乾燥タイプ」を入れ、沸騰したら蓋をして弱火で5分程煮たら、一旦火を止めてハヤシライスの素を入れて溶かし、再び中火にかけて混ぜながら約5分、とろみが出るまで煮込みます。

皿にご飯を盛り、ハヤシライスをかけてお好みで生クリームをかけます。

作り方の詳細やワンポイントアドバイスはマルコメ「そのまま煮ておいしいハヤシライス」をご確認ください。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます