【2016年春アニメ】飛ばしちゃうのがもったいない必見オープニング&エンディングBest6

個性豊かな楽曲が出揃った春アニメの主題歌。オープニングとエンディング主題歌の中から、アニメと音楽の大ファンであるライターがオススメの楽曲を厳選してご紹介させていただきます!

春アニメ主題歌記事メイン画像

今月から一斉に放送をスタートした2016年の春期アニメ。今期も実にバラエティに富んだ作品がラインナップされましたよね。

その主題歌となるアニソンも、メロディやリズムにそれぞれ異なった色があり、実に個性豊かな楽曲が揃っています。

そんなアニソンの中から、筆者が気になった楽曲を厳選してご紹介いたします。シンプルに曲の良さで選ぶのは勿論のこと、そこに加えてオープニングやエンディングのアニメーションも込みで、特に印象が際立ったナンバーを揃えてみました!

『シャンランラン feat.96猫』(『ふらいんぐうぃっち』オープニング曲)

シャンランラン feat.96猫 ~アニメver.~シャンランラン feat.96猫 ~アニメver.~

『ふらいんぐうぃっち』のオープニング主題歌『シャンランラン feat.96猫』は、人気女性ミュージシャンのmiwaさんによるナンバー。タイトル通り、ゲストに"歌い手"の96猫さんが参加した楽曲となっており、カントリーを思わせる曲調と女性ヴォーカリストお二方による歌声の掛け合いが、とてもチャーミングな楽曲です。

ポップなメロディに合わせて展開されるアニメーションも、これまた素晴らしい内容となっており、観る者の心をグッと掴んで離しません。

コンテと演出を担当しているのは、『WORKING!!』シリーズのオープニングアニメーションなどの仕事で知られる大畑清隆さん。カラフルな色彩やシルエットを巧みに使った演出など、大畑さんの持ち味が存分に発揮されており、そのチアフルなアニメーションは、とにかくキャッチーで楽しさ抜群です!

また、ハンドクラップ(手拍子)の存在もこのオープニングにおける大きな魅力の一つ。miwaさんの楽曲を賑々しく盛り上げるリズムに合わせて描かれる登場人物たちの手拍子……これが、もう本当の本当に多幸感タップリで、素晴らしいのです。

ハンドクラップが効果的に使われたアニソン&アニメーションといえば、『ひだまりスケッチ』の『スケッチスイッチ』に、BEAT CRUSADERSによる『BECK』の『HIT IN THE USA』、『甘城ブリリアントパーク』の『エクストラ・マジック・アワー』などなど、素晴らしい先例が沢山ありましたが、この『シャンランラン feat.96猫』もそれらに負けず劣らず、高揚感と楽しさに満ち溢れた素敵な名アニソンとアニメーションになっています。

曲の終盤で、千夏たちが腕を横に広げて、身体をゆらゆらさせるダンスも何だかクセになる中毒性を秘めており、初めから終わりまで目が離せない作品です。視覚と聴覚の両方を大いに満足させてくれる90秒間の完璧な映像体験!

『クローバーかくめーしょん』(『三者三葉』オープニング曲)

TVアニメ『三者三葉』オープニングテーマ「クローバーかくめーしょん」TVアニメ『三者三葉』オープニングテーマ「クローバーかくめーしょん」

ファンからの支持を集め続けるアニメ制作スタジオ「動画工房」が送る新作『三者三葉』は、今期作品の中でも特に注目が集まる作品。

コアなアニメ好きからも高い評価を受け、今年に入ってBD BOXもリリースされた人気作『未確認で進行形』に続く、「荒井チェリー先生原作+動画工房+TOHO Animetion」な作品なわけですから、その期待値の高さも納得です。

その『三者三葉』ですが、動画工房作品らしく主題歌も美麗かつ細部まで動きまわる贅沢なアニメーションが大きなウリになっています。エンディング曲の『ぐーちょきパレード』も捨てがたいですが、今回はオープニング曲の『クローバーかくめーしょん』に注目をしてみましょう!

何はなくともハイテンションな曲調が真っ先に耳に飛び込んでくるこのナンバー。この超個性的な楽曲の作曲者は、『干物妹! うまるちゃん』の『かくしん的☆めたまるふぉ~ぜっ!』を作ったおぐらあすかさんです。

『かくしん的☆めたまるふぉ~ぜっ!』では、ピコピコしたゲームミュージックのようなチップチューンから急転直下、ワルツのリズムによるクラシカルなメロディが奏でられ……と、常識や様式美に囚われない非常に大胆な構成を用いていましたが、そのアナーキーな作曲術は、今作でも健在! Aメロの高速歌唱に始まり、目まぐるしく転換していく楽曲は、一瞬足りとも気が抜けない濃密な内容となっています。

編曲をmanzo氏が務めている為か、全体を通して前傾姿勢でつんのめったバンドサウンドも加わった非常に破壊力の高い楽曲であり、各エピソードのシークエンスをハイライト的に引用するギミックも非常に斬新で楽しいナンバーです。

サウンドも映像も、今期のアニメ作品の中で最もエクストリームかつ、観る者、聴く者をお腹一杯になるまで楽しませようというサービス精神に満ち満ちた一曲!

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント