【B.A.P】「生きている実感、皆さんのおかげ」 ワールドツアー日本公演ファイナルをレポート!

韓国出身の6人組アーティストB.A.P(ビーエイピー)が7月13日、ワールドツアー「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR AWAKE!!」の日本公演ファイナルを東京国際フォーラム ホールAで迎えた。

B.A.P

韓国出身の6人組アーティストB.A.P(ビーエイピー)が7月13日、ワールドツアー「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR AWAKE!!」の日本公演ファイナルを東京国際フォーラム ホールAで迎えた。

2月のソウル公演を皮切りに、アメリカ、カナダ、メキシコ、イタリア、ポーランド、オーストラリア、そして日本など、4大陸・16か国を回った本ツアー。東京公演は、全30公演の集大成となるライブということもあり、脂ののったパフォーマンスでファンを魅了。客席にマイクを向け、会場全体を巻き込みながらライブを楽しみ、一体感を作り出す場面が何度も見られた。

今回のステージには、DJブースとドラムセットが登場。シンセサウンドと、BABY(B.A.Pのファン)たちの吹くB.A.Pの応援必須アイテム、ホイッスルが鳴り響くなか、デビュー曲『WARRIOR(JPN.ver)』のパワフルなステージで幕を開けた公演は、人気楽曲『HURRICANE(JPN.ver)』『BADMAN』『DANCING IN THE RAIN(JPN.ver)』にEDMアレンジが加えられ、『NO MERCY(JPN.ver)』がロックアレンジされるなど、ライブでしか味わえない演出やパフォーマンスの数々に会場中が終始、高揚感で満たされた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント