宮澤佐江

ーーさあ、佐江ちゃん。桜の時季の「ミラチャイ」連載です。今回もよろしくお願いします。

よろしくお願いします!!

ーーさっそく今回は、あの、おめでたいお話からスタートしましょうか。

はい!

4/8(土)に、宮澤佐江の書籍『これさえあれば。』が発売されます。「ミラチャイ」連載の書籍化は、なくなっちゃったのかなって思ってた人もいたと思うから、発売を発表できて本当によかったです。

先日、告知させていただいたとき、表紙のビジュアルも皆さんにお見せすることができたので、ファンの人も、

「ついにか! 」
「ここまで出来てるんだ! 」
「これは発売間違いないな」

って、より一層発売を確信してくれたんじゃないかな。

ーー昨年5月の“ミラチャイトークセッション”で、連載の書籍化決定を発表してから、およそ1年経ちました。本当にお待たせしました。

「4/8(土)に発売します」って、言えたのはすっごく嬉しかった。

ーーこれまでの「ミラチャイ」連載を再編集してまとめた『これさえあれば。』は、内容がテーマごとになっていて、例えば、移籍、兼任、総選挙、卒業、家族…などなど。

うんうん。

ーー「ミラチャイ」連載では、後の回で話したエピソードも、それぞれのテーマの中に組み込まれているんですよ。

もう、この本を作るの、めっちゃ大変だったと思います!!

ーー書籍は、連載のように佐江ちゃんのしゃべっている口調もありつつ、書き言葉でまとめられています。出来事を時系列に整理してテーマ化していますから、連載を全部読んでいる人であっても、新鮮さを感じると思いますよ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー