せっかく作ってもなんだかおいしくない気がする……その理由を一流シェフが解明するとともに、必ずおいしくなるテクニックをご紹介します。

今回は南青山にある大人気中華料理店「4000 Chinese Restaurant」の菰田欣也シェフにご登場いただきます。

実際の作り方は、動画で詳しく紹介しています。ぜひチェックして、激うま肉野菜炒めを作ってみましょう!

「あなたの料理がまずい理由」は?

もし、自分の料理がなぜかまずい…と思っているのなら、これが理由かも。一流シェフが考える料理の時に大切なこととは。

野菜炒めといえば、お肉や野菜をしっかり炒めるイメージがありますが、菰田シェフによると「炒めすぎ」があなたの料理がまずい理由だといいます。

お野菜は生でも食べられるもの。それを炒めすぎることでおいしさがみんな逃げてしまうため、「肉野菜炒め」はあまり炒めすぎない事がコツなのだそうです。

菰田シェフの失敗しない「肉野菜炒め」レシピ


菰田シェフに教えていただくのは「肉野菜炒め」。

冷蔵庫の中にあるもので作ることができ、お肉も野菜もたっぷりとれる野菜炒めは、家庭でも定番料理の1つなのではないでしょうか。

今回は菰田シェフにおいしい「肉野菜炒め」の作り方を教えていただきます!

材料(1人前)

・豚肉こま肉 50g
・にんじん 1/2本
・ピーマン 3個
・キャベツ 1/4個
・キクラゲ 10枚
・ネギ 1/2本
・生姜 ひとかけ

調味料A(肉の下ごしらえ)

・酒 大さじ1
・片栗粉 大さじ1と⅓
・塩・胡椒 少々

調味料B

・砂糖 小さじ2
・酒 大さじ1
・しょう油 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・胡椒 少々
・片栗粉 小さじ⅓
・水 大さじ1

【下準備】

1.にんじんを細切りにします。皮をむいて4〜5cmの長さに切ったにんじんを3~5mm程の厚さに切ります。

切ったにんじんを重ねて置き、端から2mm幅でさらに細く切ります。

【菰田ポイント】

にんじんの一か所を少し切ってその切り口を下にして置くと、にんじんが安定して切りやすくなります。

2.ピーマンを細切りにします。

【菰田ポイント】

種が飛ばないよう回すように種に沿って切っていきます。

3.キャベツを切ります。厚さはにんじんやピーマンの倍くらいに。

【菰田ポイント】

葉を重ねると高さがあり切りにくいので、キャベツを手でたたいて平らにすると切りやすい。

4.もやしはひとつかみ。

【菰田ポイント】

水洗いなどはあまりつけないようにする。

5.調味料を合わせます。砂糖小さじ1、お酒大さじ1、お水大さじ1、しょう油大さじ1、オイスターソース大さじ1、片栗粉(水に溶いていない)小さじ1/3、コショウ少々を混ぜておきます。

【菰田ポイント】

火をつけている炒め物の中に味つけをすると焦ったり、蒸発してしまうので調味料は先に混ぜておく。

6.お肉の下処理をします。塩少々、コショウ少々、お酒大さじ1.5(お肉100gに大さじ1)を入れて、お肉を軽く揉みます。

さらに片栗粉を小さじ2程入れて混ぜます。

【菰田ポイント】

お肉がお酒を吸い、やわらかくなる。片栗粉はお肉が吸ったお酒を閉じ込め、合わせ調味料が絡みやすくするために入れる。

7.香味野菜を切ります。ネギは1cm弱くらい、生姜は2~3mmの薄さで小さめに切ります。

【菰田ポイント】

香味野菜は香りづけと、体を温める効果のために使う。

「うまい肉」更新情報が受け取れます