フォトギャラリー【写真で解説】「ベビーリーフの栽培」道具や材料、詳しいやり方を見る
  • 【ベビーリーフの栽培】ハンギングプランターはホームセンターなどで購入できます
  • 【ベビーリーフの栽培】軽量化された土を選ぶと育てるのが楽
  • 【ベビーリーフの栽培】5種類以上のレタスが混ざっている種がおすすめ
  • 【ベビーリーフの栽培】鉢に土を入れて種まき準備
  • 【ベビーリーフの栽培】種まき前はしっかり水を

ホームセンターなどで購入できるハンギングプランターで、「ベビーリーフ」の栽培が簡単にできます。

吊るして栽培できるので、ベランダでも邪魔にならずに育てることができますよ。

今回は、サラダやサンドイッチなどにぴったりなベビーリーフの育て方や注意点を紹介します!

簡単!ベビーリーフ栽培のやり方

道具・材料

ハンギングプランター

ホームセンターなどで購入できます

ベビーリーフは室内の日のあたる窓際でも育てられるので、移動しやすいハンギングプランターが栽培におすすめです。

ホームセンターなどの園芸コーナーで購入できます。

あらかじめ麻のカバーがついているので、土が漏れずに排水もできる便利アイテムです。

フックがついているので、ベランダの物干し竿にひっかけて育てることもできますよ。

5種類以上のレタスが混ざっている種がおすすめ

室内や窓際でも栽培できるレタスが数種類混ざっているタイプがおすすめ!

栽培目安は1ヶ月くらいがベビーリーフの適期です。

色味や風味がレタスの種類によって変わるので、数種類の種が混ざっていた方が育てるのも食べるのも楽しいですよ。

ちなみに、ベビーリーフは暑すぎたり寒すぎたりしなければ、ほぼ通年栽培することができます。

軽量化された土を選ぶと育てるのが楽

土は重さがあるので、ハンギングプランターに使う土はなるべく軽量化されたものを選ぶと管理が楽になります。

軽量化された土の他にも、ベビーリーフ専用に肥料等が配合された土も売られています。

家庭菜園初心者の方は、初めのうちはなるべく育てたい野菜用に配合された土か、オールマイティーな土を選ぶと失敗が少なくなります。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます