SNSで話題になったあるフォトコンテストを取材してみました

最近、SNSであるフォトコンテストが話題になりました。その名も「雨漏りでこんなキノコが育った!」フォトコンテスト。

住宅などで雨漏りや湿気が原因で生えたと思われるキノコの写真がテーマ。募集期間は9月30日(木)までで、スマホ撮影OK、誰でも応募OK、過去の写真OK、一人何点でもOKと、かなり自由です。

さらに最優秀賞には賞金3万円、優秀賞にはクオカード5千円分と賞金も豪華!

日々多くのイベント情報をチェックしている筆者。一瞬スルーしてしまいそうになったのですが、思わず二度見しました。そもそもこの現代で雨漏りなどあるのか? さらに雨漏りでキノコが育つことなどあるのか?

気になったのでフォトコンテストを主催する一般社団法人日本防水協会の担当・朴(パク)さんに取材しました。

話題のコンテスト、開催の経緯は?

――Twitterなどでもかなり話題になっているようですが、これらの反応を見た感想を教えてください。

朴さん 皆さんから関心を持っていただけてうれしいですね。

――上記のような反応は予想されていましたか?

朴さん ここまで関心を持っていただくとは思ってなかったので、驚きです。

――フォトコンテスト開催の経緯を教えてください。

朴さん フォトコンテストを通して、よりたくさんの人々に一般社団法人日本防水協会(以下日本防水協会)のことを知っていただくことが目的です。

――かなりマニアックなテーマなので、本当に応募があるのかな?と思ってしまいました。

朴さん 実は我々もそれを心配していたのですが、予想に反して多くの応募をいただいています。現在、HPで応募していただいた写真を公開中です。

――お風呂場のタイルや壁紙の隙間からニョキニョキとキノコがはえていますね!! そもそも、なぜキノコをテーマにしたのでしょうか?

朴さん もともとは防水協会を知ってもらうためのプロモーション戦略の打ち合わせで出てたアイディアです。

雨漏りの水分による室内の湿気上昇、菌の繁殖などによって、室内にキノコ被害が発生するという話を幹部の方から聞き、実際の事例写真を集めるためにキノコにしました。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます