お久しぶりです。2年ぶりにやってきました!
フォトギャラリーこの記事の写真の一部
  • お久しぶりです。2年ぶりにやってきました!
  • お手柔らかにお願いしますよ
  • 救急車で運ばれた先がここだったら絶望する
  • ワクチン接種はタイムリーだね
  • なにを食べてるのか気になる

世界最大級のホラーアトラクション、富士急ハイランドの「戦慄迷宮」。何度もリニューアルを繰り返しながら進化し続け、訪れる多くの人たちに恐怖を与えてきました。

2003年から19年目を迎える世界最恐のお化け屋敷の、今年のテーマは“原点回帰”。

ルートが完全に変わり、「朽ち果てた霊安室」「血まみれの医療リネン室」などのおぞましい部屋が新たに登場!

歩行距離は過去最大級の約900mと、メチャクチャ長い!! 真夏の悪夢のような「戦慄迷宮 ~慈急総合病院~」をレポート!

今年も「戦慄迷宮」レポートやっちゃうよ!

最近、取材先で「グルメの他にどんな取材をされるんですか?」と質問されることが増え、夏は「お化け屋敷取材とかもやりますよ」と答える。

「もう戦慄迷宮なんてもう何度も入っているし、人形はそれほど怖くないけど、人が出てくるタイミングで驚いちゃうんだよね。でも人間だから生きてると思えばそんなに怖くないよね」

などと関 暁夫みたいな口調で軽口を叩いていた。

お手柔らかにお願いしますよ

まるで「戦慄迷宮」は自分の庭にある蔵くらいに思っていて、今回も怖いけど楽勝。しかも今回は“原点回帰”。昔ながらの「戦慄迷宮」に戻って、シンプルな怖さを体験できるそう。

コロナ禍なのもあるから、あまり叫ばせないようにするのかな?などと考え、今までよりも怖くないのだろうと思い込んでいた。

富士急行社長の堀内 光一郎氏も、「今朝お祓いをすませたばかり」と言っていたのでちょっと安心していた。

あれ?これは前回なかったような。

おそらく次のリニューアルまでの間、今日が一番“本物がいない日”なはずだから。 

今回もいつも通り編集者のCちゃんに同行を頼んだ。Cちゃんくらいしかお化け屋敷に付き合ってくれる人はいない。

ウレぴあ総研編集部も、「戦慄迷宮」は、最も参加したくない企画ナンバーワンに選ぶだろう。

私たちは、新しくオープンした「FUJIYAMAスカイデッキ」や「お仕おき檻覧車」を取材し、ハイランドホテル内のレストランで食事を楽しんだ。 

リアルな病院の外観 。

「さぁさぁ、腹ごしらえもしたことだし、パパッと『戦慄迷宮』でも行っちゃいましょうかね」

「終わったら温泉でも入っちゃう?」

「ササッと歩けば15分くらいで終わるかな?」

「今回は、動画撮影はNGで音声のみOKだから、早く終わるよね」

「楽勝でしょ」

なぜかふたりとも超イキっている。そう、この時までは……。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます