「彼氏に浮気されてしまった…でもまだ好き」「もう別れるしかないの?」など、大好きな彼氏の浮気が発覚し、その後の関係について悩む女性は少なくありません。

浮気をした事実は許せないけれど、それ以上に「別れるという選択肢が辛い」といったケースは多いものです。

そこで、今回は浮気されたけれど別れたくない…という女性に向けて、「相手をもう1回だけ信じてみてもいい」ケースをご紹介します。

「チャンスをあげてもいい?」浮気後でも信用できる彼氏の行動6選

浮気されてしまったものの別れるのは辛い。できることなら、なんとか信じてやり直したい、と考えている女性は多いでしょう。

浮気後であっても「もう1回だけ信じてみて」といえるケースや彼氏の行動について、さっそくご紹介します。

1.目の前でスマホ内にある女性の連絡先を全て削除する

彼氏が浮気をした後、目の前でスマホ内にある女性の連絡先を全て削除してくれるようであれば、誠実・真摯に自分の過ちを向き合っていると言えます。スマホ内から女性の連絡先を全て削除する行為は、実は意外と大きな決断です。

連絡先の女性の中には「知人」「友人」などの関係もいるわけですから、多くの人との関係を絶つことになります。つまり、知人や友人の関係にある複数の女性よりも、彼女を優先したということ。

「ここまでしてくれたなら、もう1回だけ信用してみようかな」と考えるのもアリでしょう。

2.彼氏に不審な電話があっても目の前できちんと出てその都度潔白を証明する

浮気が発覚した後も、「見覚えのない電話番号」「見知らぬ女性からの電話」など少し不安になる電話が彼のスマホにかかってくるかもしれません。

そんなときに、「いや、この電話は関係ないから~」と濁さずに、彼女の目の前で電話に出てくれるようであれば、今後信用してもいいケースと言えるでしょう。

彼女の目の前で電話に出られるのは、「やましいことは何もない」という証拠です。どんな電話でもきちんとその場で出て、彼女にその都度潔白を証明してもらえるなら信用してもいいかもしれません。

ちなみに、電話に出る前に切れてしまった後も、きちんとかけ直してくれるようであれば、なおさら信頼できると考えられます。

3.連絡がこまめになる

浮気をされた女性は、常に「また浮気されるかも…」という不安を抱えているものです。そんな女性の心情をきちんと理解し、こまめに連絡を返してくれるようであれば、彼は彼女に対して誠実に向き合っているでしょう。

彼の中に「自分のせいで彼女を不安にさせてしまった」という後悔があれば、もう不安にさせないぞという気持ちが行動に表れるもの。言葉でどれだけ取り繕っていても、本心は行動に出るのが事実です。

そのため、連絡のレスポンスが早かったり、忙しくても合間を見てきちんと連絡を返してくれるなら、次こそは彼女を大切にしたいという気持ちが表れています。

こまめに連絡をとって、自分が今何をしているのかなどを報告してくれるようであれば、もう一度だけ信じてみてもいいかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます