なぜか何をやっても上手くいく人もいれば、どんなに一生懸命でも上手くいかない人もいます。

そもそも、物事が上手くいく人はポジティブ思考など、成功しやすいポイントを押さえています。

本記事では、なぜか不思議と物事が上手くいきやすくなるアクションについて8つ紹介します。「最近、物事が上手くいっていないかも……」と感じた時に、ぜひ試してみてくださいね。

物事が不思議と上手くいく!試してほしいアクション8選

1.失敗しても「経験」と捉える

筆者の周囲にいる成功者たちは、みな失敗を「経験」、「次に活かすための失敗」と捉えています。失敗をしたら落ち込むのではなく、次にどうすれば成功するかについて冷静に分析を行います。だからこそ、成功に進むのが速いです。

その一方で、失敗が続く人は失敗するたびに落ち込み、周囲に愚痴や不満ばかり伝えます。

愚痴や不満を吐いてすっきりしたらまた挑戦するのですが、結局上手くいかない原因がわからないままのため、また同じ失敗を繰り返します。そもそもこの手のタイプは、自分のなかに失敗する原因があると考えておらず、失敗するのはタイミングが悪いから、または他に原因があるからと考え反省しません。

失敗した時は、まずその物事について冷静に俯瞰し、原因を追究して対策を取りましょう。すると、失敗経験を活かすことができ、次は不思議と上手くいくはずです。

2.運気が悪い時は、古いアイテムを処分する

風水では、古いものには悪い気が宿っているとされています。そのため、古いアイテムを処分することでマイナスな気を祓い、良い気を呼び込めるといわれています。筆者の周囲では、物事がスムーズな人ほど断捨離を定期的に行っています。

また、断捨離を行うことで古いアイテムを処分して悪い気を祓えるだけでなく、心の整理にもつながっているようです。運気が悪い時こそ、ぜひクローゼットやタンスの中を見渡して、不要なアイテムを処分していきましょう。

3.成功者からアドバイスを受ける

成功者ほど、自分よりもっと成功している人からのアドバイスを大事にしています。筆者の周りでも、すぐに上達する人ほど自分より能力が上の人を見極め、その人のいいところを真似するのが上手です。

その一方で、何をやっても上手くいかない人は、自分を信じすぎて間違っていることに気づかない、または口が上手く、詐欺を考えている人についていって騙されてしまうというパターンが非常に多いです。

物事を成功に導くには、多くの人が「成功している」と認識している人物であり、なおかつ誠実かどうかを見極めた上でアドバイスを求めるといいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます