フォトギャラリー【写真】簡単「キッチン菜園」栽培イメージ【必要なもの・育てやすい野菜も】
  • 【キッチン菜園におすすめの野菜:レタス】水耕栽培に向いている野菜
  • 【キッチン菜園におすすめの野菜:小松菜】簡単に栽培できる
  • 【キッチン菜園におすすめの野菜:にんじん】観葉植物としても楽しめる
  • 【キッチン菜園におすすめの野菜:ブロッコリースプラウト】栄養豊富で育てやすい
  • キッチン菜園に必要なもの:容器【ダイソー ガラス花瓶】くびれが付いた花瓶がおすすめ

家庭菜園を始めたいけど「虫がわくのはイヤ」「ベランダは排気ガスが気になる」と尻込みしている方も多いかもしれません。

そんな方におすすめしたいのが、キッチンなどの室内で気軽に野菜を育てる「キッチン菜園」です。

この記事では、キッチン菜園の詳しいやり方や、用意するもの、育てやすい野菜についてわかりやすくご紹介します。

キッチン菜園は「土を使わない“水耕栽培”」がおすすめ!

キッチン菜園では、土を使わない「水耕栽培」がおすすめです。

小さな花瓶やコップなどでできるので、狭いキッチンでもOK。室内で清潔に管理できる上、害虫が発生しにくいのもメリットです。また、万が一倒してしまっても掃除が簡単。

水耕栽培は、日照時間が3~4時間程度確保できて、室温が20℃前後であれば冬でも発芽できます。

育て方は簡単です。水温上昇を防ぐため、直射日光の当たらない場所で保管し、1日1~2回水を替えるようにしましょう。

キッチン菜園「水耕栽培」に必要なもの

容器

容器は専用のものでなくても問題ありません。100均で買える花瓶や小皿などでも栽培できます。

育てる野菜の種類や大きさによって、自分好みのものを選びましょう。

今回は、100円ショップの「ダイソー」で使えそうなものを4点購入しました。

ガラス花瓶:110円(税込)

【ダイソー ガラス花瓶】くびれのある花瓶がおすすめ

水耕栽培で育てる場合、根が全て水に浸かってしまうと野菜が呼吸ができず、枯れてしまいます。

根が落ちないように、くびれのあるものや、口が小さい花瓶を選ぶのがおすすめです。

ミニネコ瓶45ml2個セット:110円(税込)

【ダイソー ミニネコ瓶】小瓶2個入り

コロンとした形がかわいい、小ぶりな瓶が2個入りで110円(税込)。

小松菜やほうれん草、ねぎの根っこなどを水耕栽培で育てる場合は、根っこの先端だけが水に浸かるように、口が小さいものを選ぶのがおすすめです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます