長く付き合っているのに一向に彼氏がプロポーズしてくれず、不安を抱えている女性は多いはず。

そこで今回は、長く付き合っているのにプロポーズしてくれない男性の気持ちにフォーカスします。

まずは彼氏の本音を探りプロポーズしてもらえない原因を明確にして、自分がすべきアプローチをできると良いですね。

結婚したいとは言うけど…彼氏がプロポーズしない理由とは

1: 「まだ結婚する年齢ではない」と考えている

「まだ20代なので、結婚することに現実味がないですね。彼女とはいずれ結婚したいと思っています。これは本当です」(Dさん・29歳男性)

年齢が若い彼氏だと、周囲もまだまだ結婚の雰囲気になっていないことから、すぐに結婚のことを考えられないことがあるようです。

彼氏の友達が結婚するようになれば、交友関係も落ち着き、結婚生活を考えるようになるかもしれません。

2: 収入に余裕がない

「僕が平均年収より低いので、これで嫌われたり仲違いしたりしないかということに不安を感じています。彼女は結婚したがってくれているのですが、僕が自分の年収に納得できなくて」(Aさん・25歳男性)

結婚生活を送るには、二人の自立した稼ぎが必要です。自分の年収に自信がない男性ほど、収入を打ち明けられないこともあります。その際は、女性からのさりげないフォローが必要です。

3: 今の状態を楽しみたい

「これから結婚したいと思っているので、その気持ちに嘘偽りはないですよ。でも今の状態をもう少し楽しみたいとも思います。

結婚式の準備とか友人を見てて、すごく大変そうに見えたんです。結婚の準備をする中で、よく喧嘩しているカップルも見ますしね」(Uさん・29歳男性)

結婚式や賃貸を探すことなど、生活が大きく変わることで彼女との関係性が悪化することを懸念している男性も少なくないようです。

まだ現状の平和な状態でいたいという気持ちから、プロポーズを先延ばしする男性もいます。

4: 仕事に集中したい

「口だけみたいになっていて嫌ですが、仕事に集中したいというのはあります。ちょうど結婚の話をし始める前に、責任あるポジションを任されるようになったので。

今は結婚とか考えられないです。でも落ち着いたら彼女と結婚はしたいです」(Bさん・31歳男性)

結婚するつもりはあるけれど、今の段階では仕事が忙しいなど彼氏にも事情があるはず。

その際は、あまりに結婚のことばかり伝えると彼氏に重たい印象を持たれてしまいます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます