【えんそく】

3月29日(水)に東京・中野サンプラザにて「えんそくのサンプラ最終単独公演“狂い咲きハルマゲドン~5次元シティの日が沈む前に~”」を行うえんそく。そしてこのライブ、「えんそくを初めて観る人」は自己申告で無料だそうです。

と、いうわけで、これまでえんそくを定期的に追っていた「ウレぴあ総研」的にも、ここはひとつ何かやりたい!と、一見さん向け(?)のインタビューを行いました。これを読んで、ぜひ中野サンプラザに足を運んでください。今のえんそく、本当に自信にあふれているので。

「配信は向いてないな、本当に」

――二度目となる中野サンプラザワンマン公演「えんそくのサンプラ最終単独公演“狂い咲きハルマゲドン~5次元シティの日が沈む前に~”」を3月29日(水)に控えています。現在はその準備の真っ只中ですか?(※取材は3月中旬)

ぶう:今はワンマン当日にリリースするシングルのレコーディングが終わったばかりで、それにかかりっきりだったので、これからですね……。(何故かお腹を抑えている)

クラオカ:腹を抑えて、どうした?

Joe:えっ、死ぬの?

ぶう:今、(取材場所にたどり着くために)チャリンコでダッシュしてきたばかりなので、胃の調子が……。

Joe:子供?

SIN:(無言でうなずいている)

ミド:準備はしてます! セトリを見たりとか!

Joe:眺めてるだけじゃない!

【ぶう(Vo)】

――取材をするのは約4年ぶりですが、皆さん、仲良さそうで何よりです。そこはお変わりないようで。

ぶう:ウチは、コロナ禍でも相当マイペースにやってましたよ。とくに変わったこともなくですね。

ミド:活動休止してすぐにコロナに入って……。

Joe 「戻るぞ〜」と思っていたら……。

ぶう:その空気のまま。

クラオカ:ストップしたままというか。

ミド:それがまさに前の中野サンプラザワンマン公演でしたね。

(※2020年10月に、中野サンプラザホールにて、15周年記念ワンマン配信ライブを無料配信・有料配信の2部制で行いました)

Joe:無観客配信でやったときですね。

クラオカ:配信は向いてないな、本当に。

Joe:いつまでも慣れなかったね。

クラオカ:なんでだろう、MCとかかな?

ミド:その後に配信をみると、「ああ、ここは使われてないんだ」って気づいて、悲しい気持ちになりますね。カメラに抜かれてない。「配信でやらなくていいんだ」ということが多すぎて。

――えんそくのライブは、弦楽器隊が派手に動き回るところも見どころですからね。

ぶう:極端な話、他のメンバーが写ってるときは、演奏だけやっていればいいということになる。でもそれはえんそくのライブじゃないなっていうか。そういった理由もあって、徐々に配信ライブはやらなくなりましたね。

ミド:それに、声出しできない茶番って地獄なんですよ。

――えんそくのライブでは茶番(コント)をやるのは定番ですよね。

Joe:無観客でも茶番をやってたんですが、誰に向けてやってるんだろうと……。

ミド:こんな面白いことをやってるのに……、客席は誰もいないから「スン!」って。

ぶう:ボーカリストはMCにすごく苦しんだ3年でしたね。でも、おかげでタフになったと思います。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます