【台湾6泊7日食べ歩きの旅②台北編】本当はあまり知られたくない絶品ガチョウ肉の店「鵝肉池」。雨にも関わらず店内は地元客で賑わっている

3年半ぶりの台湾旅行。【台湾食べ歩きの旅】連載2回目は牡蠣オムレツに続いて、ガチョウ肉でビールが飲める人気店に向かう。

フォトギャラリー絶品!「ガチョウ肉」台湾夜市の注目グルメを見る
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅②台北編】友人家族が経営する「阿吉蚵仔煎」の屋台。三男が蚵仔煎を焼き、お嫁さんがあんかけスープを担当。70代の母親は今も現役で店に立つ
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅②台北編】旧友のヤンくんと父親。両親に会うために移住先のカナダから長期で台湾に戻ってきているが、しょっちゅう喧嘩して家を追い出されるという
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅②台北編】小さな牡蠣とたっぷりの卵に秘伝のタレがかかった阿吉の蚵仔煎。家族のメンバー全員が焼けるそうだが、タレの調合は門外不出だとか
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅②台北編】蚵仔煎をつまみながら台湾ビールを飲む。これができる蚵仔煎屋台はなかなかない
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅②台北編】ヤンくんのゴリ押しで屋台の隅っこに設置されたドリンク冷蔵庫。ビールや炭酸飲料の売れ行きはまずまずだ
フォトギャラリー3年半ぶりの台湾6泊7日食べ歩き!台北のおすすめグルメを見る
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅①台北編】コロナ禍のあおりをあまり受けなかったといわれる台湾の飲食店だが、臨江街夜市には空き店舗も目立っていた
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅①台北編】特大サイズの豬血糕を前に微笑まずにおれない筆者。アツアツの作りたてにピーナッツ粉とパクチーがトッピングされている。冷めると味が落ちてしまうので、温かく柔らかいうちに食べるのが鉄則
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅①台北編】豚の血を固めた豬血糕は台湾の定番おやつ。ここでも店を手伝う10代らしき男の子が器用に準備してくれた
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅①台北編】かつて店を切り盛りしていた中年男性の姿はなく、世代交代を果たした上海生煎包屋台。和気あいあいと働く若者たちが楽しそうだ
  • 【台湾6泊7日食べ歩きの旅①台北編】屋台の奥でまんじゅうの餡を器用に皮で包んでいく若者。タンクトップからむき出しの腕には流行りのタトゥーが見える

夜市の屋台。ビールを出すべきか出さざるべきか、それが問題

【台湾6泊7日食べ歩きの旅②台北編】友人家族が経営する「阿吉蚵仔煎」の屋台。三男が蚵仔煎を焼き、お嫁さんがあんかけスープを担当。70代の母親は今も現役で店に立つ

台湾旅行といえば夜市。初めて台湾を訪れたら、台北市内に何か所もある夜市のいずれかに足を運んでほしい。

最大規模の士林夜市。食べ物がおいしいと評判の寧夏夜市や臨江街夜市など、選択肢はいろいろある。

私は30年来の友人ヤンくんの家族が経営する臨江街(リンジャンジエ)夜市の蚵仔煎(オアジェン/牡蠣オムレツ)屋台の一席に陣取った。

この店のメニューは蚵仔煎と、あんかけスープのみ。この2品だけで60年ものあいだ生計を立ててきたヤンくんのお父さんは80歳を超え、店先に立つことは少なくなった。

この家族にはヤンくんを含め4人の息子がいるのだが、今は三男が主に店を回している。

混雑する屋台のテーブルの隅っこに座り、蚵仔煎が焼けるのを待っていると、見慣れないものがあるのに気づいた。

店の一番奥に、縦長の冷蔵庫が置いてあり、炭酸飲料などのドリンクが冷えている。なんと一番上の段には台湾ビールまで。

夜市の店は客をどんどん回転させることが大事なので、普通はアルコールを置いていない。

驚いてヤンくんに聞いてみると、「オレが設置したんだ」と得意げな顔でビールを1本ごちそうしてくれた。

蚵仔煎屋台で台湾ビールが飲めるなんて夢のようだ。けれど、この冷蔵庫を設置したことでヤンくんは両親と大喧嘩になり、「出ていけ」と怒鳴られたのだとか。

「客はドリンクなんか飲まない」「酒なんか置いたら客が居座ってしまう」と父親は冷蔵庫設置に断固反対。

「でも、暑くなれば客は冷たいものが飲みたいはずだし、アルコールがあっても蚵仔煎とスープしか出さない屋台に客が長居するとも思えない」。

そう言って、勝手に冷蔵庫を導入したヤンくん。

すると、彼の読みどおり、大人の客は蚵仔煎にビールを1本追加し、子供は炭酸飲料を追加して注文するようになった。

【台湾6泊7日食べ歩きの旅②台北編】旧友のヤンくんと父親。両親に会うために移住先のカナダから長期で台湾に戻ってきているが、しょっちゅう喧嘩して家を追い出されるという

徐々にドリンクの売上が伸び、今では両親がビールを仕入れるようになったとか。ゴリ押ししたヤンくんの粘り勝ちである。

「うまい肉」更新情報が受け取れます