Anker Nano Power Bank

Anker「Nano Power Bank(3990円)」というモバイルバッテリーが気になり購入してみました。

同類の超コンパクトバッテリーは昔からあったのですが、それがAnkerから出たというのだから試さないわけにはいきませんでした…!

ほかにはない便利な機能があったり、逆に「ここは惜しい…!」という点もあったりと、なかなか悩ましいバッテリです。

フォトギャラリー【14枚】超コンパクトバッテリー!Anker「Nano Power Bank」をみる
  • Anker「Nano Power Bank」
  • Anker「Nano Power Bank」 片手にスッポリと収まるサイズ感◎
  • Anker「Nano Power Bank」充電口はUSB-Cポート
  • Anker「Nano Power Bank」ケーブルレスなのでストレスフリー
  • Anker「Nano Power Bank」充電しながらの操作も楽◎

Anker「Nano Power Bank」というミニモバイルバッテリー

Anker「Nano Power Bank」 片手にスッポリと収まるサイズ感◎

サイズは、縦7.7 × 横3.68 × 厚み2.5cm ほど。重量は99gほどと、かなりコンパクトな大きさです。

細長な形状が特徴的で、片手にスッポリと収まるサイズ感◎

購入したのはホワイトですが、ほかにも「パープル・ピンク・ブラック・ブルー」があり、バリエーションも豊かです。

Anker「Nano Power Bank」充電口はUSB-Cポート

中央には、電池残量のインジケーター。両サイドには、充電用のUSB-Cポートとスイッチがあります。

表面はマット加工がされていて、指紋や汚れが目立ちにくい仕様になっています。高級感というほどではありませんが、しっとりと落ち着いた印象を受けます。

圧倒的一体感で邪魔になりにくい!

Anker「Nano Power Bank」ケーブルレスなのでストレスフリー

ご覧の通り端子一体型なので、かなり邪魔になりにくいんです!

いつものモバイルバッテリーだと、どうしてもケーブルが邪魔になったりと、煩わしさが伴ってしまうもの…。

ただ、このAnker「Nano Power Bank」なら充電しながらでも、スマホを快適に操作できてしまいます◎

Anker「Nano Power Bank」充電しながらの操作も楽◎

自分は「iPhone 13 mini(140g)」を使っているので、そこに「Nano Power Bank(99g)」が加わって、239gほどの重量になります。

多少の重さは感じますが、片手でも使える実用的な範囲内に感じました。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます